読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

いったいなんだろうね。

さいきんことばにならないことで、自分の不満があるときは

つばをはいたりします。汚いからもう自分の子供ながら受け入れがたい。障がい受容の厳しさ、そこに感じます。

 

変な行動。。。

脳みそ大丈夫かあんたの行動・・・

 

しつけで直さないといけないけど空回りうまくいかず焦燥感。いろいろやっても空回り。

 

無力な自分

傍若無人なご様子の息子。

 

しょーがない。という日本語。が、ぴったし。ふ。でもどうも解決はしてない。

 

 

ふー。

子育ての先輩のお母さんに吐露。

 

しっかりした子たちに見える息子と同じ障がいのこの親です。

 

あったあった。

 

え?あんなしっかりしてる子たちにも???

 

でもそれは言葉にならない思いがあるからだから、どうおもってるのかを聞かせてあげて言葉に起こしてあげて。気長に。すごい時間かかると思うけど。

がんばって。

 

といわれた。

 

そう、その行動のときは自分で決めたかったことを邪魔されたと思っていたり、こうしたいと思ったことを断られたとき。

 

うちの子はまだ感情の理解も乏しいので、頑張ってもまだから回るかもしれないけど重ねるしかない。

それにやっぱりしてはいけないことは伝えよう。

セラピーの先生とわたしは違うからね。。。

今この時間を頑張る。というのとちがうから。自分が信じたやり方を頑張ってみよう。

広告を非表示にする