読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。

療育いろいろ

最近始まった不定期な療育。

 

コンスタントには行かないからどういった効果が期待できるのかは親も模索ですが、勉強と子供を知ることのきっかけにはなりたいへんありがたいです。

 

Dr.からのオーダーは2こ。ST OT。それぞれファーストコンタクト。

 

OTの先生とのやりとりで驚いたのは、クレヨンで絵を描く時、「どの色でかく?」と先生に聞かれて あおぅ あかぁ おれんぎー とかいいながら箱から取り出して、かいたことと、タイヤ!と言いながら黒でタイヤをかいたことです。

先生はいろわかってんな。だいたい。まるもだいたいかけるな。

うえにぎりだったり、したにぎりだったりするけど、先生は持ち方修正していいなもう。といってました。

 

洗濯バサミを開く時、手のひらで開いてたからまだまだ粗大がたりないのかとおもってたけど、んーまあこれも指に力入れるように、持ち方修正しながらすきにさせながらでもいいのかとおもう。と先生。

 

機能的には結構出来てきてますよ。と雑感。もう修正入れていっていい感じと。

 

おやはまだまだとおもっておったが。

 

先生が次のものを用意しに行くたびに走って離れたところにある木のバスを触っていた。

座って待てない。が、先生が戻ってきたら、場所に戻ってくる。先生のなんかパワーを感じるのだろうね。あかんで。の。

 

やることがないときはいくのね。ハハハ。って先生は感想。

 

あかんねんけど、やってるときはいてる。のにかあさんもやっとこさ、きがつきました。そうか。そこはいいね。

ま、やらないときも休み時間じゃないからね、そこまで賢さが来るといいね。

 

ただ、意図がわからないのか、動作が苦手なときなのか、どうでもいいときなのか、先生に悪ふざけして仲良くしてるをやってるつもりなのかのとき、先生の指示した方向にかえしたりはしてないのと、やってほしくない方向に投げたりとかばらまいたりとかしてました。(キャッチボールとか動物の洗濯バサミを挟むとかのとき)

 

そのたびに 諭されてました。

 

先生は私的には、気に入ったタイプのアプローチです。うちの子には当たりだと思う。

おじちゃんで、ちょっと厳しいのも⭕️。

  • 椅子に座る姿勢チェック、補正
  • クレヨン(ノズル型)
  • クリップ挟む色んな動物。蓋に挟むむずかしい。側面上部に挟むはできる。支えながらもできる。
  • キャッチボール。先生に返さず、上に投げたり反対に投げたり。キャッチボールはできないんかな?と聞かれたので家ではしますが。。。と答えた。でもうまくいかず。
  • ソフトブロックのサーキットをクリップを持って移動して、対岸のつくえのうえでクリップを蓋に挟んですぐさまサーキットを引き返し戻ってくる。もどったら机にあるお手玉をとって、別のつくえ上にあるカゴにお手玉を入れて、お手玉はサーキットをこなした数だけカウントされる。
  • お手玉カウントがあまりわかってないという感じだったので、ブロックの上に立って、先生がカゴを移動させたところにお手玉を入れるのをしてた。体幹が養われる運動に見えた。
  • 乗りたい乗り物を選んで乗る。

いずれも一緒に片付けはする。問診もちょっとしたけど短い間に結構いろんなことしたなあってびっくりした。イニシアチブも先生がだいたい握ってたのがびっくりした。

初回の珍しさか知らんけどもまあ結果オーライの初回でした。

 

 

要望は聞かれましたけど、いろいろできるようにはなってほしいけど体を動かすのも下手だから粗大も入れつつおねがいします。で話ししました。

市のサービスで受ける自立支援の療育で運筆などがあるというはなしをしたら、それはそこでやってもらうかんじにしようかなとおっしゃてました。

 STのせんせい。

どんな風にお家で遊んでるのか聞かれました。

 

いますきなのは、海に石を投げる。ついでにカウント。英語でカウントの場合もあり。おっきい ちっちゃい いっぱい などとやりとりしながら石を見つける。

石がある場所が斜面の上なのでそこを登る、石を手に持って降りる、海に投げる。とけっこう色んな要素の絡む運動。声かけもたくさんできる。

 

バスがだいすき。で道路で視覚刺激。ホイールが特に好き。

バスの大きさを言うとき園バスで分類する。たまに外観でも分類する。
自分の中で似ているとおもったら、その通りかかったバスが園バスのどのバスか判定して私に伝えてくる。園バスは数種ある。

同じ車を発見したらそれぞれをゆびさし いっしょ という。

 

電車で帰るとき、反対のホームに同じ電車がいたら、いっしょと車のとき同様にする。

かいそくでんしゃ ふつうでんしゃ という。発音はその通りではない。発音が記憶できてないからどんな音かかあさんは忘れた。

 

虫がきになる。

あぎ!あぎ! ダーゴムシ!(発音詳細忘れ)とみつけたらしばしみてる。20分ぐらい見てたり集中力がある。
feedしたいらしく、ダンゴムシには枯葉を持って行って、はいどーぞ あむあむあむ。とわたす。アリにはじぶんのお菓子の食べカスをすすめる。

それぞれそんなウサギみたいに食いついたりはしない。でも一向にすすめるのはやめない、あきない、数日そんな感じ。

 

おままごとやおかいものごっこ、つみきなどは、一度しまじろうのスキットでみたらそれはそのとおりにあそぶ。他の要素入れたらダメ。わたしもつきあうので、演劇道場みたいになる。

でもそれが続いていても、ちょっと遊びを崩していくこともできる場合がある。ので、決まったやりとりをしながら、ちょっと隙を見て違うパターンを入れるラボをお母さんはやってます。

積み木はその通りの編成で組まなきゃいけなかったし数もスキットどおりにしてやらねばならなかった→おかあさんが好きにくみはじめたのが気に入ってきたら、よこにくんだり、縦にくんだり、合わせ方を変えたりしだした。

最後になにかでつぶすのがはやっている。ビーチボールだったり、蹴ったり。

破壊と再生だ・・・

 

youtubeみまくる(際限なく見れそうなので、食事作っているときとかにしてもらうよう思ってます、あとはかあさんがつかれたときとかも。。。すまん。)

それではまっているもので、ロンドン橋があります。外を歩いたりしてるとき、電車からバスから橋が見えたら、ふぉーりんだうん!っていいます。

はし ね。 歌といっしょね。と歌を歌うかあさんです。

橋を作りたいから、積み木で上手に橋を作るようになりました。イメージからの形です。ちょっとえらいなとおもいました。

 

 

んなかんじだろーかね。

もっとコンパクトに先生には伝えました。

 

先生とは、家族とどんなやりとりをしているのか話中心でした。また本人の伝達手段はあるのかみたいなかんじ。お話の間、クーケルバーンみたいなので遊んでもらうのを許してください。と先生。

ヒアリング中大好きな視覚刺激にて遊んでくれてました。

 

そのあとけっこうたくさん形の判別をしました。反対向いて渡された平行四辺形とかもたくさんのなかからみつけてましたね。文字はまだわかってない気がしますが、けっこう複雑な形でも弁別が以前より出来てるように見えました。

そのあとは、ラミパウチしたカードが9こならんでいて、そこから先生の言ったものをとって渡す。でしたが、完璧で、言葉が頭にだんだん溜まってきてるのだなとおもいました。(当社比です)

ぼうし、ねこ、いぬ、ぞう、めがね、でんわ、とけい、はさみ、くつ

でした。そこでけっこうだれてきて、もうやめたいと言わんばかりに、立ち上がって棚をゆらゆら揺らして先生と私の顔色を伺いはじめました。

それもぐっと諭されましたね。力でねじ伏せるわけではないけどなにか重々しい・・・なにか荘厳な・・・

諭しの空気はいいですねー。おやもがんばらねば。

先生は本当は、このあとうえのソレゾレの言葉を発音するをしたかったけど今日はここまでにしようかな。といって終わりました。

私もそれで良かった気がします。

 

形の複雑なのをなぜたくさん弁別させてくれらのかしら。若い女の子。文字への布石なのかな?またきいてみよう。 

 

さて。どうなるかわかんない。いつまでいけるかわかんないけど、いい出会いだったと思います。できれば細長く続く縁でありますように。

月1回か2回会えたら上等だね。どこも混み合ってます。

 

 

広告を非表示にする