sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

雨が好きだけど・・・

雨という雰囲気が好きです。

あめ あめ (ちょっと あべ あべ と聞こえる感じ。)と曇っていたら降っていないかベランダに出て確認してます。

雨のグッズが好きです(カッパを除く)

傘、長靴。 雨降らなそうな日でも持って行きたがってちょっと揉めるときがあります。大人の事情で断ることがあるので。

かえりにかあさん買い物袋大量予定のときとか断ります。

息子さんの用事が午前中に入ったりすることが多い週とかは、買い物できる日にしていないと大変だからです。たべものが・・・

泣いて転がって大変。

市井の人からすると一体どういう親なんだ???ってかんじだとおもいます。

子供を泣かせるなと。

でも頑張る日には頑張ってるから(持っていく日もあるから)勝手に思わせとけ!です。

 

しかしそれでもめていた時間が長く、もう園バスに乗るための電車の時間がやばい!って日がありました。

 

遅刻しそう。園バスまにあわないと、公共バス。と、短く伝えました。(園と公共のところはバスの愛称で、本人がわかるフレーズです)

なんとなく危機をかんじたようで、泣きながら自ら手を握り、ノー道草で、駅まで。大変珍しい。なんとか間に合う。

そして電車に乗ったあと、靴を脱いではいあがって座面から窓ガラスごしの国道をみて、◯◯バス、◯◯バスといいながら心配そう。

その道をバスは通ってはこないんだけど、もうバスがここにいたら間に合わないよとばかりにみえた。

 

バス乗れるよ。この時間の電車にのったら、バスのれる。だいじょうぶ。のろうね。

 

というと、安心したのか国道を見るのをやめて座に座りました。

 

駅前に大きななかなか水が引かない水たまりがあり、そこにじゃぶじゃぶしたいけど、私が朝長靴を断ったので、できないから

 

いたたいたたいたた と足や頭や胸やさわり アピール。

このいたたは我慢してるからつらいのアピール。

よーく我慢した。絆創膏ぺたんやよ。えらかったね。がまんにぺたん。とそれぞれの場所に貼るふりをした。

 

バス停についたら、またおもいだして いたたいたたいたたいたたいたたと言いながら全身いろいろさわってからの、みずからばんそうこぺたんぺたんぺたんと言いながら全身触って、僕我慢したえらかった風アピール。

 

その日は雨は降らない予報だったけど前日の昼に降った雨の水たまりが確かにちょこちょこあった。

ごめんね。

 

雨のグッズが好きなのに、カッパは嫌。

でもぬれるのもいや。

ぬれちゃた ぬれちゃた うるさい。着替えたがる。ちょっとしか濡れてないのに。

カッパ着ない?と差し出したら「いや!」といいながら、投げてカッパべちょべちょ。はー。

 

あまつさえきてた服を人前でも脱ごうとしたりするので、タオルを出して、タオルで拭きー

というと、タヨルタヨルといいながらふいてはった。

ふいてもすぐ乾くわけではなく ぬれちゃた。とぼやきっぱなし。

 

まだ梅雨は続く。めんどくさいなー・・・この濡れちゃった敏感。

 

 

 

広告を非表示にする