読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。

療育の不満

下に書いたことは、

その後覆ります。うちの子は観察しても、答えがずれること、ざらです。

負荷が高そうなことは見極めてさせないよにする。をみたつもりで、書きました。ついでに、きになるとこもかきました。

でも、その療育いまはいくのがたのしみに、なってるようではあります。

ただし、行き方は、きにいらない。

療育おわったらいえにかえりたい。

自分の主張をする段階が成長できたので、それですごくもめます。。。

こだわり、切り替え下手、パターンの話をされそうだけど、そうなんかな?単純に、園はがんばらなきゃならんから、嫌なんじゃないかな。

わがまま。

これは行くもんだと、淡々と応対したい。

 

 

 

 

市の療育サービス。やめたらどうかなと思ってるかあさんです。

いろいろと気がつかされたことがあり、これはうちの子には遠回りをしてる気がしたのです。合う子もいると思います。

 

関心をもち、前向きにとりくんではいません。

何をやってるか、何をやるべきかもわかってないかな?です。

 

うちの子を見て先生が決めたのは、机で勉強につながる運筆とか簡単な作業と、先生と一緒にルールのある遊び(SSTをめざすきっかけみたいなかんじ)の取り組みで視覚支援もつかう。のようなものです。 先生は2人で、それぞれ担当があり、それ以外の人は行動を記録していってくれています。

もちろんこのプログラムは人生では必要なことですが、今ではないなと。
幼稚園留年したいぐらいの子だけど来年から小学生。だからいって欲しいと思って志願したけども、小学生になってから学校でこれを頑張る状態でいいのかもしれない。と思いました。何年かかるかわからんが。

 

お母さんたちの話では、断られたりしている人がいるらしいのですその療育。それはレベルの問題ではなくて、多分子供が関心に向かうか。ってのだろうかとおもいます。

関心がたかい=レベルともいいきれないのかな?とも私自身は思うのだけど、お母さんたちの話だと、レベルがたかいから受けれるみたいなニュアンスで表現してる人もいて、なんだかなー。

 

そんなたいしたことではないような・・・

 

断るのもキャパがないから、重大な理由もないよな。需要がおおすぎるから。順番重視なんかなと。

 

その子の今と次の小さな階段は絶対あるよ。

でも、これをやるって趣旨がきまってたらば、合わせるはないね。

 

 

子によっては、きっと他にできること/その子に入りやすい方法があるのだと思います。その療育ができるからみんなより秀でてるってことではないかなあと。

もし断られても楽観的に受け止めて他にできることがある!ってなってほしいとおもいます。

 

悪口ですね。。。しょーもない不満もあったりします。

今後学校に行くようになって担任の先生に不満を持つならこういうところかなとも予感します。 

机は先生と横並びでしているので先生の方を見ながらだからだんだん体が椅子から斜めになっていって姿勢が曲がりがちの環境。対面でしっかり座らせた方が効率が良く見えます。

本人が自ら手を添え支えたらできることでも、プロンプトせず先生が手を添えてやらせてて、そのときも体は斜めになってて軸がとりにくい。

見せ方もただ視覚支援してるだけのように見えてその子がわかる視覚支援をしているかんじはないし・・・この絵を見てそれをするって分かる子はきっと言葉がわかるからだよーってかんじの表示が多い・・・

声かけも複雑だし・・・圧倒的にバーバルな世界だし。

バーバルの世界についていけない=レベルが低い。そういうことが世の中の認識だと思います。

たしかに、バーバル世界な意味ではレベルが足りてない子であるのは間違いないです。

わかってませんね。の一刀両断です!

 

 

やってもらっていても人間とは勝手なものです・・・

やってほしいことがあったり、期待を裏切らないでいてほしかったり。
細長く続けるのも大事です。コロコロと変えて思うがように進めることができる世の中ではなくてだいたいが我慢。たまあに当たり。そんなもんだとはおもいます。

つづけていて狙いや良さが見える場合もあります。

そもそも信頼してやっていくものだというのもあります。

なんだかなあっておもってたりします。勘というか嗅覚です。

 

わるふざけしながらなんとなくやってますが、回が進むごとに、不満がたくさんたまってきてるのが見てわかる・・・

 

勉強でやってることはもうできると自分が思ってて、あらためてやるように言われても張り合いがないので退屈で唾を吐いたりしてはります(最悪やなあ)

 

あそびでやってることが自分のやりたいやり方が伝えれない中、先生のやりたいやり方しかダメ。でもうそのときは机の上に急に上がったりオモチャを口に入れたり、こんなのしたくねえよの不満炸裂。
カラコロツリーを玉1こで必ず遊ぶ。なのだが、本人は3つの玉を一気に流し入れて、それを眺める視覚刺激をしたい!のです。

どんなに不満を爆発させても、それはわかったけどこうする。みたいな方向にはいかない。とにかくこれはこう!って感じの展開です。

ルールを守るってのがまだ、わかってないのもあるですね。

集団生活で、結構大事なことではありますが・・・納得してないと結局あとでむしかえすだけだとおもうのです。どのように納得するかが大事のような。ちゃんとできるより。。。その経験がたくさん作れるのが乗り越えるってことかなあと。

 

 

まあ 理想ですがね。。。甘い甘いスイートな考えかもですがね。

 

 

悪ふざけに関しては、気をひく行動ではない悪ふざけ。顔色を伺ったりはしてないし、ニヤついたりして試してはないし・・・

 

そんなものかーと思ってやっててくれて、運筆などがうまくなって、学校に行ったときの練習ゲネプロも兼ねれたらお母さんは期待どおりだし楽だ。

でもねーまだ意思表示の方法すら確立してない子に不満がたまるものを押し付けてもなあ。って思ったりもして。

例えば勉強のことなら、これはもうできるよーって言えたらいいのだが。本人はできた!できた!とかなりアピールしてます。が届いとりませんな。それを伝えた後に、もっとここをきっちりしたいって運びになれたいいのだが。

遊びのところは、意思表示の方法確立のちに、でも今はこのように遊ぶとなればいいのだが。

本人が納得して取り組む段取りはなくて、これはこうです。やります。で今まで進んできております。

もし本人がどうしてこうしなきゃいけないのだ?ぼくはこうしたい!を表現できたら、ちゃんとそこは聞いて折り合いをつけてはくれそうな感じがします。親じゃなくて、ぼく自身がね。

 

さて、それ引き出せるか?

あやうい賭けにかんじま。

 

まだ小さいし無理矢理連れて行くのは簡単。

まあこれはいいかなあって思ってきているかあさん。

そか、やっぱしレベルがまだきてないのか。

 

それより、いつかこのレベルのことをわかってもらうため、納得してもらうため、もっと小さな階段を作るのはどんなことかなあって思おうかなあと。その実践とか。。。

 

とまで書き散らかしたが、息子さんは、いく気だった。⇩

 

 

広告を非表示にする