読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。

ルール

ルールがすぐぱっとわからない。

知能の問題か 脳機能の問題か

 

二つの障がいがあるのでどっちの所以か・・・どっちもが交錯してるような。

 

さて、現実としてこれは難題です。

 

 

順番 それは補足していくとそういうものかという応対はしてくれてる。
状況も目に見えるからね。これは絶対の倫理だからというかんじの諦めもある。

 

しかしそういうのでなく

決め事。ってかんじのはまだまだ。

かくれんぼとかしっぽ取りとかもわかってないかんじです。

 

 

今日は自立支援の訓練日だったのですが、遊びのコーナーで、先生が決めただけの数の玉でからころツリーを遊ぶ。がルールでした。

 

 

が、全部一気に流しいれたいのだけどそれを先生にお願いできず、制止され、誤解されているとおもったのだとおもう。

 

思ったことがあっただけなのに、息苦しい空気になってあなたは間違っているのような空気になったのが許せない。

 

そんなことが日々多いからだとおもうけど、募ってて、ああまたか!またか!またかあああ!ってなるんだろう。

 

 

ぺっと唾を吐いた。

 

 

同じような感情が湧いたときに唾吐き行動を取るのが4月途中から始まってます。

 

 

 

これから社会でやっていくときに、したがったり、ルールがある中で行動をすることがあると思う。

 

 

そのルールは別に倫理と関係なく、他愛のないルールかもしれない。例えば今日の遊びだって、玉3こでやってもいい遊びともいえる。

 

しかし決め事ありの遊ぶ時間。ってのをやってる。 

先生は1こずつやりたい、1こずつ玉の色をしていして表現してやりとりしてやるのが意図だった。

 

自分の気の向くままの自由時間でない自由どころで遊ぶってのが中々難しい。まだ。

 

さて。

どやって自分自分主体から、変えていけるだろうか・・・

 

先生はまだ3回目だから、まだ可能性はある。と背中をぐいっと押してくれた。

 

おわってから、SIの先生に出会ったらそっちのほうがいいなーみたいになってた。

 

 

 

自立支援は思ったように行動できないから気は進みにくいのかもしれないけど、これから先はそんなのばっかりだよ!

むしろ、今までがとっても合わせてもらってただけだ。。。

 

 

 

学園にいって、去年の担任の先生のクラスの前に来たら、先生をじーっと見ていた。先生も気がついて手を振ってくれた。

去年の担任の先生 しかも担当ではないほうの先生、好きやなー。

わらってもうた。

 

ありがとう、先生。

 

広告を非表示にする