読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。

息子はおいといて

山に行ってない〜

 

家の横は山だからそこに行くのがたまぁにぐらい。

 

息子と放課後遊ぶのにパワーをつかうのが関の山。

 

 

山に一緒に行けたらいいけども・・・

時間に追われる山の行動。息子と行くと難しいね。

夜が来て遭難するかもねえ。

目の前の気になるもの気になるものに注意が向くだろうしねえ〜。たぁ。そして時間がすぎていく。イライラする自分。何時ぐらいには下山したいとかそういうところでイライラする自分。

 

一人でソロでいくのがいいねえ。きっと。

 

となるとできないね。

 

一人だったり子供がいなかったときとは生活がちがってきた。また子供が自立するタイプではないので、息子が一緒に行ける状況にならなければほぼ封印の趣向です。

 

しかし趣味を思うよりも、毎日ただただ忙しい。追われているのも事実。

その隙間で休憩したり音楽聴いたり、晩酌に燃えたりぐらいです。それが日々の充足となってるかんじです。

 

あるパワーなりに配分する。そんな感じです。

 

でもストレス溜めるまでになってない。

 

子供にどれだけ教えてあげれるか。それが自分の人生の命題で、だいぶん全てに近い感じだ。

広告を非表示にする