読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

いぬさん

犬 ときくと すぐ ムーコ! といいます。

 

ムーコ大好き。

f:id:snoopyoko:20160607223639p:plain

 

犬=ムーコ。間違ってるのかもしれないしあってるけど言ってるのかもだけど犬って聞くとスイッチが入ります。

 

そして、かえりみち結構犬に会います。

 

なぜか凶暴犬が多いらしく、ちかよると

 

あかんねんこの子噛むねんあっちいって

 

って言われること多いです。たしかに、そういう子を見ると、犬相がわるい。暴れん坊の瞳をしてたりします。

理由があるのだと思います。威嚇しないといけない理由がね。何かそんな体験とかね。たぶん。犬相が悪いと見えて実はドキドキが止まんなくて不安な顔なのかもだし。

坂上忍さんに会えたらいいね、理由と対処法を見つけてくれそう。)

 

でも息子はそこは疎いので近寄りたくてしゃあない。

 

息子よ。相手を見よう。

 

 

さて、ある日可愛い子が近寄ってきました。

 

そうそう第一遊んでくれる子は寄ってくる。または、じっとしていて受け入れる。のパターンです。

 

 

ぴぃちゃんというらしい。

 

しっぽ
しっぽ

 

と言いながらしっぽをつかもうとするので、ダメだと教え、頭と背中を撫でてあげるといいよ。という。

すると頭と背中を撫でながら なでで なでで

という。

 

なでなでしおわったら

 

息子ちゃん と自分の名前を言いながら自分の顔を指差し、なででなでで と、ぴぃちゃんにおねがい。した。

 

が、なにかわからなかった。そんとき、ぴぃちゃんの前足をとってなででと自分の頭に乗せるような仕草をしゃがんでした。

 

犬のお母さんが、ぴぃちゃんにはむりだから、わたしがなでなでしてもいいかな?と、意図を掴み、

かわりになでなでしてくれました。

息子ニコリ。ぴぃちゃんのおかあさんもニコリ。

 

ありがたい。

 

飼い主さんで、息子のような子の感性を読み取る力を持ってる人がおおいです。

こっちが参考になることはたくさん。しゃべらぬ家族(犬さん)との日々の中で、行動の受け止めとか受け入れとか、ダメなことをしたら瞬時に教えるとか、なんかすごいその感覚がうちの子にあってる気がします。

 

おもしろい。

 

いい時間でした。

広告を非表示にする