読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。

ほてぎ!

5.02

息子さん、帰りに、新バス停の裏が森の公園だったことに一昨日気がついた。

そちらにいきたいというので路地を抜けたらそこは公園。

はっ!となり、一昨日、昨日、とそちら側にバスを降りたら行く。

車もいないからまあ私も助かる。

でも人が苦手なミニコリーがいて、おばあちゃんはうちの子が寄って行こうとするとき心底困っていた。

のでその子だけは、うまく防波堤になるようがんばるかあちゃん。

二日連続会うから、いくとなると毎回会うだろう。これからも。

 

少し遊具もあり遊ぶ。

 

そのあと、私がアイスを食べようと、誘い近くの商業施設へ。食べ終わって鳩を追いかけたり散歩していたら、土日祝だけ、トーマスなどのコインで動く乗り物がある場所の前にきた。

しゅぽぽ とーます といいながら 腕と手を蒸気機関車みたくうごかす。

久しぶりに来た。おそらくもう何ヶ月も前以来きてないから、記憶だね。あるんだなあ自分に必要な記憶は。

トーマスだね。土曜日、日曜日 あるよ。きょうは火曜日。

というと、そんなもんかの表情で歩き出す。

 

その先には、施設内のさかなについての建物。

そのなかの釣りが好き。

 

迷わず入っていき、釣りをしたいと意思表示。

途中もじもじしたのでトイレに行って、おっきいほうもだしつつ、40分ぐらい釣りあそび。

誰もいないし思いっきり遊ぶ。

 

ほてぎ! ほてぎ! さかな! 私にすごい言ってくる。なにかわからない。

黄色い魚が釣れたら いーろ(きいろ)あーあー。とがっかりの声色で魚はリリース。

ピンクの魚が釣れたら ぴんく!あーあー。とそれもリリース。

よく見たら一個しかないオレンジ色の魚を狙っていた。 

あ、ほてぎ=おれんじね。

 

オレンジも おぎぎぎみたいなときもあるし いろんな発音があるのでわたしもよくききとれてない。

私がちょっと手伝ってオレンジのをとった。でもそれはリリース。

息子ちゃん と自分を指差して再チャレンジ。

そのあと取れた。うれしそう。

 

帰るとき魚は3つ選べる。それはそのオレンジのを迷わず最初に選び、残りのは同じ種類の黄色い魚を2つえらんだ。

施設のお姉さんに「同じ黄色いのでいいのかな?」ときかれたけど、それで良さそうなそぶり。

 

 

帰り道、同じ年の近所の子に会う。

「さかなさかな」といいながら、息子は釣ったさかなを見せていた。

「あっこいったな?おんなじのんもってるわー。あれ?おんなじのん2ことったん?よかったん?」ときかれとりました。

おなじのがよかったみたいよ。と通訳。

どこいくん?

阪神

え?電車?

「タイガーやタイガー」

あはは、タイガースね。寒い日やなくてよかったね〜

「またあそぼなー」と去っていった。

今はうちの子とも遊んでいる感覚でいてくれてることに嬉しく。今だけだなあ。っておもった。

 

帰りに何か一生懸命伝えてくれたのに分からずだったら、かなりジェスチャーをいれておしえてくれてた。すべってとんだりして。でもわからなかった。

えらいわ。ジェスチャーゲームのようだ。

広告を非表示にする