読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。

スリクはのまねぇ

スリクはやらないは永ちゃんやが、くすりをのまない息子ちゃんだ。

 

 

どーも

苦いのは耐え難いらしい。

 

限度がわれわれとちゃうらしい。

 

シングレアという、喘息のために毎日飲んでる薬はいけるクチらしい。

だって粉砂糖みたいな味だ。

近所の子も、これおいしーよね。といっていた。

 

しかし、咳をしたらのむようにいわれてる、咳はな喉の薬や抗生物質が苦手。

 

とりわけ抗生物質は。

シングレアをいれてる、ネコのポッドをもってきて、ねこーねこーといって、ねこの薬ならのんでもいーよアピール。

 

やはり味か。

苦味やなー。

 

葉っぱ野菜もきらいやしねー

ガッテン

 

此度の体調、のどのかぜでした。

たぶん熱が上がってくるやろし、抗生物質だすねー

と、療育でお世話になってるとこのドクター。

 

くすりがー苦手でー毎回毎回30分かかるー。抗生物質って苦いですよねー。なかなかハードル高いー

とぼやくと、あまいめのんにしとくわな。

 

でもー

毎日毎回毎回苦労でしたわ。

 

なぜ飲むのかをわかるまではなかなか厳しいかんじ。

 

しかし話はきいて考えてる節も。

ねこのポッドのくすりなら飲みますを意思表示してるから、なんらかの理由はキャッチしてますな。

 

はなしがわかり

自分が納得するには、聞く技術(耳の音の弁別)言葉の概念、こころの成長。

と、たくさんの人の成長の過程を経てのはなしだ。

味覚の受け入れもあるなぁ。

まだまだ、たくさん遅れてるから、身体はおっきいけど、そこに至るのはいつかな。

脳の受け止めという問題も孕んでるから、単純に遅いだけともなくー。

 

さてさて。

考えたらお母さんも出来ないの納得。しかし、しかし。。。

 

広告を非表示にする