読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。

ことば・おと 5.01ver. 語連鎖

語連鎖すごいなー(印象より繰り出すってことです当社比です)

と、今日言語の先生がいってくれました。語連鎖って知らない言葉だったので、ゴレンジャーみたいに聞こえたけども、2語文とか3語文とかではないけれども〜ナンタラカンタラと説明をしてもらった。

が、おかあさん、ちゃんと説明してもらったのに傍受があやふや。

複数の単語でおしゃべりすることのようなイメージを持ちました。

 

確かに今日も

自分の名前ちゃんたべる

自分の名前ちゃん多い
(今日はリンゴを切ったのでそれについて自分が一番多く分配してました。先生のお皿には無しで、わたしにいれたり、私のお皿には無しで、先生にいれたりしても、自分のお皿はいつでもリンゴがたくさんある感じを楽しんでいました。)

おかあさんすくない(すくないが発音できなくてイギギギみたいな音をだしとりましたね、わすれました)

とかそんなこともいっとりました。

 

サーチでみたので、

1歳代後半から文構造を複雑化させていく。2歳前半から3歳後半にかけて2語連鎖 あかいふうせん ねてる犬  3語連鎖 大きいきいろいふうせん の 理解が進んでいく。

並行して2歳後半から3歳後半にかけて 格助詞を含む2文節文 おかしをたべます の復唱、5歳代以降に 格助詞と助動詞を合わせた文の正確な理解 おかあさんはおさらをならべました が進む。

 

そないなかんじのようです。(例文は自分でかきました。のであってるかしら?)

 

ので今の状況ってちょっとずつ自分でことばを紡いでるのかもしれませんね。

 

さて、語連鎖以外には

今日 最近はまっているブランコ。 

「あおぶらんこ!」 帰りに青いブランコのある公園に行きたいときに言います。赤い座面のブランコもあるんだけどね。

今日は言語の訓練だったので

1. ◯◯先生(先生の名前) 2. あおぶらんこ と伝えると

1. あおぶらんこ  2. ◯◯せんせい と言い返してきました。

 

ほう。

今までの私の伝え方が通じていたのだなとよくわかりました。

しかしながら全て要求ばっかりでどないなものかなあ。とおもいます。感想みたいなのとか、みたものとかをことばで表現するのとか、聞きたいな。

 

あ、

「おーいはと」 いってます あ、これも要求か。

「ばいばいはと」 いってます。 これは挨拶か。

 

広がるのだろうかはたして。

 

あ、

「ねこ いた」ってのがありました。みたものとかゆってた。

猫がいろんな色のがいて

ねこ しろ

ねこ くろ

っていってたわ。しろとくろは。ほかのはいろがわからんようだった。チャトラやらキジトラやら 白とキジトラの混色とか わからんわな。 

今日は帰りに「きーろぶらんこ」と言われ、ちょっと離れた公園に行きました。どこにいきたいか、おかあさんも、わかってましたよ。

広告を非表示にする