sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

尖る。人によっては悪態を吐いて行きる。自分をやる。

のようなのがいまの私の気合らしい。

図書館でなんか本かりよーって思って選んでいったら、

f:id:snoopyoko:20150926105645j:plain

こんなのになったわー。

コムデギャルソンのは、川久保さんの言葉もおもしろくよんだけどもパタンナーさんの話も興味深く、会社でみんなでものづくりのやりとりだったり、衝突だったりを、かいま見るかんじで、グッと引き込まれて読めた。

内田裕也のはなしは、なんか時代の背景がおもしろかった。はなしを聞いてるのが近田さんがよいのかしら。

自分をやる。ぶれずにやる。のようなひとたち。

自分を会社としてやってる、川久保さん。

会社としては成り立たないようなかんじではあるけれども自分のインスピレーションを信じて作る人のきっかけ作りをやっている人。内田さん。刺激あります。

 

自分をやるのに息切れしたりもする。

バンドライフもいろんなひとのはなしがおもしろい。前一回借りてきて面白く読んだから、また借りてしまった。

小説とかよう読まんけども、この3冊は面白かった。

 

この3冊と一緒にねーもう一冊借りている。

丹波哲郎のほんだ。。。

息子の学園のお母さん向け文庫で、沖田×華の本を借りてきて、まあ楽しく読んだ。(コラムのところの、弟さんのはなしとか、高須クリニックの高須院長のお家のパーティでしくじったはなしとか笑えました。)

漫画の中に丹波哲郎大霊界のはなしが出てきて、ああ流行っていたなあって思い出したけども内容は頭から消え去っていたから、図書館にある丹波哲郎の本を借りてきた。大霊界の本はなかった。

この人も考えたら自分をやっているのか。

なんかしらんが皆さん尖ってるなー。

 

尖っているみなさん、世の中に自分を向けるエネルギーが大きいとおもう。そこまで立ち向かわんよ、って私は思うぐらいのエネルギー。

だけに、悪態をついてる人もいるねー。

 

わたくし、悪態はきらいではない。

 

ノエルのファッキン。

毒蝮三太夫のきたねえババア。

内田裕也の テメーこの野郎!

 

私はよく、クソなになに と 悪態を知らず知らずついているのだけど、うちのひとに、「クソって・・・あんたの悪態はきたない。」といわれた。

 

いやいや私なんて可愛い方だ。クソのはなしなら、高島兄の事を知れ!とオススメしといた。

かなり気に入っておられた。私もラジオの書き起こしのひとのおかげで知ったのだけども、クレイジーだわ。。。

 

本当にきたないんだもの。

 

尖るが関係なくなってしまったわ。下ネタになってしまったわ。

 

オススメです↓おもしろすぎて〜勝手にリンクだわ。

 

やっぱり「自分らしさをやる」ひとの話がおもしろいわー。

関西のAMラジオもいいのかもだけど、わたしゃ関東のAMラジオが聞きたいわー

広告を非表示にする