sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

しゃぼんだま

シャボン玉遊びがすき。

 

シャボン玉を作るより、作ってもらったのを潰す。できるだけ大きいやつを!

 

 

で、放課後それで遊んでいましたら、交流クラスの子もまじってあそぼうということになりました。

 

 

ご本人は途中から思った感じで遊べないと思ったのか、母ちゃんが自分の相手をろくにしないと思ったのか、みんなは他愛のないつもりの言葉が癇に障ったのか、ツバ吐いたりしてましたが・・・

 

そういう行動をしてもこちらの気を引けないと思ったのか、そのあとは ダンゴムシ探しと、葉っぱをとにかく細かく砕くっていう遊びになっていました。

 

ダンゴムシを観察する息子、葉っぱを細かく砕いてダンゴムシにはいご飯どうぞとする息子 がこどもたちは不思議だったらしく、

ダンゴムシを観察する息子、息子を観察する近所の子達。という構図が出来上がっていましたね。

観察の連鎖の光景でした。

 

 

おもしろいこともありました。

 

 

プールの授業でまあ水を怖がらず色々と遊ぶ子なので、そこをほめてくれました。

 

 

息子ちゃんさあ 言葉で言えないし、いうことも聞かなけど、プールはがんばってて、えらい。

どうして小さいまんまなの?でもプールはえらい。

 

とかいわれとりました。 

小さい子の発言は本当に他愛がないですね。もちろん、それでも傷つくことってあると思うけどね。。。

 

 

そんなときは きにしない! も大事だけど

それよりももっと、自分の気持ちを表せるようになったらいいね。

 

 

どの子もそこは一緒です。

そこで世の中の皆さんつまづいてるのだから。大人になっても一緒です。

 

 

しかしその時自分が本当は嫌だったなって思った感じがモヤモヤとした感じではっきり文言かできない年頃でもありそうな気はします。定型の子でも。

 

気持ちの話を伝えるきっかけをつくるのはだいじだね。

 

 

 

後で振り返ると、そこが私もできてなかったなあ。と反省しました。

 

 

 

今はまだ、1年生の仲間を見てると、わざと、攻撃しようとして、関わる子は私の見てる範囲ではまだそういう、根深い感じのアクションは気がつかないです。

 

たまにみるのは、自分が壊したり、汚したりしたものをうちの子の仕業にしようとしてる子です。
それはなんか 攻撃 というより 頭がいい子。頭の良さがみんなの先をいってるようなタイプの子に見えます。 それで誤魔化せたらラッキーぐらいのノリで、あまり根深いものはなそうです。(それでもそれはあかんのだが)
しかしうちの子してませんって言えないから、まあそういうレッテルが大人内にはられていってもしょうがないなあ。

まあお天道様は見てるさ。の感じですかね・・・

 

 

息子ちゃんもみなさんも、自分で工夫して生き方を探っていくだけのことです。。。

 

 

 

さてそんなシャボン玉遊びでしたが、本人はシャボン玉での体遊びの研究まだやる気満々です。

次の日もお父さんを誘って頑張っとりました。

近所のちびっこも混じってやってたみたいです。なかなか帰ってこなかったです。

 

 

しばらくブームかしら。あっという間にシャボン玉の液がなくなっちゃったわ。

 

 

がっこうすき

とはいってくれたけど、学校頑張るところだしねえ。

放課後の居場所とかきになるねえ。

 

いま親が見つけたところはぼちぼちそうなきがする・・・

どうすべきかねえ。

広告を非表示にする

水泳教室

親子水泳教室 夏は行くことにしています。

 

しかしうちの子、自由に遊びたいだけなのです。教室よりそれが終わった後の自由遊びをしたいだけ???

 

先週は私とプールに行って、教室が終わってもまだいて5時15分ぐらいまでいたなあ。

 

 

今週はとうちゃんとプール。私は観覧席。

 

 

とうちゃんによるといろんな方々、先生、ボラさんたちに、 今日も5時までいるん?今日も5時か??と、からかわれていたようです。

 

 

 

さて教室。自分でフープの中に頑張ってつっこんでいっとりました。

相変わらず指示がとおってるというより、周りのノリで自分なりにやることに参加している感じ。

 

意識があるかないかというと、まあほのかに。です。

 

水は大好きなようです。

 

カリキュラムは体にイメージができるだけ入るようにを取っても考えてくださってるものに映ります。

 

毎回毎回少しずつイメージを高めていく感じ。。。

いいですね。毎年行けたらいいなあ。水慣れのレベルでもほんとうにいいし、体操したり段取りをだんだんと経験できたらいいし。いまはまだまだダメダメです。

 

さて、自由時間。 

わたしは泳げないわ、体育は2だわですので、一緒にいて意味はあるのかなあって感じです。

ボラさんたちや先生は 

からだのばせてる、とか 潜ってる時にいっしょにもぐって 鼻からブクブクできてたで。とか いろいろと わたしと違う視点で関わってくれてます。

 

 

水遊びの息子の友をみつけたいなあ。と思います。友というか友という名の師のような。。。

 

個別のコーチさんとかそっちかな。

 

 

教室が終わった後、まだまだ自由レーンでとうちゃんと遊んでた息子です。

とうちゃんはまだわたしより、心得があるのか、ビート板をもたせたり腰にまくウキをつけたりしていろいろしてくれとりました。

 

わたしは 中学生以上二十歳までのクラスを見てて飽きなかった。

 

親子と名はついてるけどほとんどの親は観覧席。

 

先生はひとりで、泳力が低いグループにはボラさんがいたり、先生が2人体制ですが、泳力がある、泳力がもう少しでつくグループには先生が一人いるだけで、メニューをこなしていきます。

泳力のないグループも水慣れ遊びの後はだんだんとビート板を使ってイメージを入れていくのの繰り返しです。

 

対面でしてくれたことを意識して自分なりに模倣していきます。

当然わたしみたいにどんくさくて、イメージどうりに本人は動いてるつもりでも、同じになっていない子もいますが、微調整微調整しながらそれを繰り返していきます。

 

ただそれだけなのですが、すごく教えるということと教わるということのあり方を見れたような気分になりました。

 

教わる側がどれぐらいなのかっていうのもあります。

うちのこ、体ができていて、体の器量があったとしても、やっぱり指示が通ったりおしえてもらうっていう体制になれていなかったりするから、これは考えものです。

 

 

 

たくさんの資質がありながら、普通の人が体得するようなフォーマットまで到達しないという人はきっとごまんといます。

 

 

 

先日見たテレビがすごく面白かった。

それはもうただ 愛 でしたが、 どうやったらその子がわかるだろう。どんな表現ならきがつくだろう。を頑張った先生と、運動資質があった子の話でした。

ただ、すばしこかった という感じだったかもしれない重度の知的障害のあるその子は、陸上競技が先生のサポートでできるようになりました。

記録も出て普通に競技に出るようになりました。

スタート台からすることを教えるのも大変だったと先生は言ってたような・・・

 

 

いろんなことを思いながら見ていたけど、教えていた先生やボラさん達が、気を配っているところ、根気強く真摯に取り組んでいるところが、一番印象的でした。

 

いいものみれたなあ。

自由レーンにいる我が子よりも、なんか面白かった光景でした。

 

このまんま 教室にたまに通って、中学生以上の部で二十歳まで来れたらいいなあって夢想しました。

 

 

それができるようになるようには・・・指示を聞く気があるような子になること

あとは着替えとか一人でできることか。

つれていって、そこで別れても着替えをして参加する。

ロッカーの使い方、いろいろやることあるなあ。。。またお父さんにもはなそう。

お父さんはきっという、まだ一年生やで。とかそんなふうに。あっという間にあと5年なんてたつわ。ボケ!といいたいかあちゃんです。
(まあ最悪身支度関連は、ガイドヘルパーさんを探すとかしたらいいのか・・・)

 

 

まあ、でも、強制はできないわね。親の思い。思い込み。願い。

子供の願い。別個です。

広告を非表示にする

数に敏感な時期

数に敏感な時期のようです。。。

 

 

たくさん

いっぱい

おおい

 

おっきい

 

ごちゃ混ぜになってる時もあるけど言葉が出ます。少しずつ訂正していってあげれたらなとおもいます。

 

1、2、3 と数え、 10、11、13、20  いぱーい!

 

っていいます。

11以降はデタラメね。

 

 

成長したなあって面白いなって思います。

広告を非表示にする

うま22

うま、22回目も一人。小雨のなか開始でした。

 

21回目同様で、もう作業工程にイメージがあるので、あまり上乗せして働きかけないようにして、セラピストさんはとりくんでおられました。

ちょっと本人が脱線しても無視して流したり、本人がもっとやりたいことがあってもある程度寄り添ったらすかしたり、そんな感じです。

 

 

道具をちゃんと戻す一方、ちょっとした気持ちの乱れを表すのに、道具のお部屋のヘルメットをぜんぶわざと下に落としたりします。

とおくに走り去ってしまい、馬場の水たまりとか泥遊びをします。気持ちの表現として、そうなります。

 

そしてまた戻ってきます。

もどってきてもちょっとプレッシャーというかがあるときは、散漫な態度でやりぬきます。きもちの入りっていうのが緩い。

 

 

そういうかんじですね。

 

 

親はやっぱりカッコよくできる子に育てたいから、きになるところですが、セラピストさんは言います。

 

走り去ってしまった、でもそうやって自分の気持ちとか、刺激の入りすぎる感覚の入りとかを調整しているかんじなので、そうやって戻ってこれたならそれでいい。

きっと大きくなってもこういうかんじはなかなか取れないです。(多分たくさんの子を見てるからほんとだろうね)

走り去った、多動だ。とか

走り去らないように抑圧して、その場にいることを強要してさせるとか

それだと本人の意思で物事をやっている状況を作ってあげれないし、彼らならではの調子のとりかたというか、調整の取り方を取り上げてしまうのは、あまりにもひどいかなと思います。

走り去っていったところを悲しい顔とか怒った顔でみていたり、ちゃんとしろと、圧力をかけるより、彼らの調整の仕方と尊重してあげてください。

 

 

道具をわざと散らかすのも同様。

道具を散らかすとき(ヘルメットを散らかした)は、自分の気持ちの表しとか、調整とかでしてしまう一方、使った物を片付けると整然と、もどしています。戻した道具の様子をちゃんと見てあげてください。実に美しい様です。

それはなにかというと、自分の道具、自分のための道具をちゃんと戻す意識があるということです。道具を使うときも丁寧にしています。(気がついていなくて地面を引きずってるときもありますが)気がついてるときは出来るだけ腕を上げて高く道具を持って地面を引きずらないようにしていたり、紐が泥で濡れないように、たぐってもっていたりします。
掛けるときも、地面について汚れないように、落ちないようにを考えてかけてるときもあります。

と言われました。
道具への愛着がある。(そこまでにはみえなかったけど、そういうことの始まりっていう話し方だと思います)のような表現もしてもらってました。

 

 

集中していたら、意識が感覚よりちがうことにコミットできる。

不思議ですが大切な時間を持っている感じがします。

 

 

親としてはおもしろかったのは、ちょっとでも水に濡れて大騒ぎする彼で、その日はまず車から降りたら草地でズボンが濡れたことで大騒ぎしました。

また、着いてすぐに遊び始めた水たまりでまた派手にズボンをぬらしてしまいまして、最初はグズグズしたところから始めました。

でも、草を切ってあげてるうちにだんだんとその刺激から気持ちが離れていったことです。遮断的な・・・

そもそも草も濡れているから、一本ずつ上げながら、感覚消去。手をパチパチ叩いたり、手をすり合わせてその入った感覚がなかったことにしたりでした。

だんだんとたくさん上げれるようになりました。とっても時間がかかったけども、よかたです。

 

 

これも、集中していたら意識が入っている感覚の刺激の方に取られないで済むような感じ。

 

 

【ことば】

やさい と草を呼んでいました。はっぱ とも。

 

くさがおちてしまったときに おちちゃった。 という言葉が出てました。

おおい いれて もかい。 と下に散らばった草を集めました。(たくさん落ちてるのであつめてカゴにもう一回入れるというつもりのフレーズのようです)

 

ぜんぶもりもり! そうだ! ぜんぶ たべて げんき もりもり。 
(うまくんに、やさいきらい といわれてると想定して) えっ? 
はいどうぞ はっぱどうぞ おいしい おいしい 
(やさいきらい って言われてるのを想定して) えっ? 
どうぞ あむあむ おいしい どうぞ。 と、しまじろうでみた寸劇を再現しておりました。

あ、これもえらいこっちゃ隊やわ。

 

もぐもぐ もぐもぐ はいどうぞ 3個といいながら くさっぱを 3枚あげました。

また下を見たら、おちてる!と 見つけた草を見て言いました。

おちたのを集めてあげた後、なくなった おわり もいっかい!もいっかい!と草をあげたかった。でも なくなた! ともう一回いいました。

 

おちてる! という表現は我が家には新世界の表現でした。
進行形です。この表現はなかったなあ、口から今まで出てきてなかったよ。お初です。ちょっと驚いた。

 

次の馬装をしようという声かけに、 ええっ? ときょうは馬くんの顔をみていっておりました。まあ私たちにいっても聞かないってわかってるのでしょうか。と思いました。お父さんも帰り道に、きょうは ええっ? が誰にも通じなかったねえと笑っていました。

 

つれていくときに、おいでーやで。と声をかけたら、おいでーと、うまくんにいいました。
セラピストさんは、おいで いえるんや!と驚いてくださいました。そうですねほんま、知ってる言葉で意味の通りに出たらいいですよね。
そういうのが沁みていってくれたら親は嬉しいです。

 

みぬばりー みずたばにー というような音で水たまりを表現。
むかしは びっばーりー でした。たまに みず という発音が成功に近いように聞こえます。だんだんと音の出し方の統合もできていったらいいなあ。

 

びょーん ぼばり ぼばり (びょーん、トランポリン トランポリン)と最後、馬をお部屋に返し引き馬しているときに言いました。
きもちはうまを返すことよりその先の自分のトランポリンがしたいきもちに飛んでました。
しかし、残念ながら雨でできないことをわかっていたと思います。(してもいいけど。べつに、濡れても平気なら)つぶやいてはいたけど、水たまりで遊んで帰りました。
きもちはトランポリンもしたかったね。

 

水たまりで、泥遊びをしてました。泥を触ったのは先日水曜日に次いで2回目。
泥の感覚を受け入れましたね。我が家にとってはすごいことです。
だんだんと感覚をいろいろ自分のなかに受け入れれるようになっています。以前は絶対触ってくれなかった。保育などで用意してあっても。
周りの子たちが夢中でも、その感覚に耐えれなかったのでしょう。

かわりました。今がその探求の時期。ちょっとお兄さんにもうなってるけども。。。ふふふ。やっていいよ。

 

 

【作業】

リードなどのカンは前より上手くつけれてました。

すこしずつぼちぼち。がんばってー。

 

 

【感覚】

今日は馬さんの髭にきがついたので、髭を抜きましてそしてテンションが上がってしまい、尻尾の毛も引っ張って抜いてました。

きらわれるで と 怖い顔で セラピストさんに言われてましたわ。ほんと、ひどいわ。ごめんなさいだわ。他の動物なら完全に動物さんに怒られてます。

馬に乗っても毛を抜いたりもしてました。きになります。

 

 

今日も、やることのイメージ段取りがちゃんと頭にあるのを追っかけれてる、道具の場所も記憶から探せたりしている。ので、わざと教えたりリマインドはしていないかんじでした。本人の自発のものから発展させたり深めたりをしていたかんじです。

 

まだまだいろんな先があるから、飽きたりやめたくならんかったらいいなあ。
何年かかるかわからないけど景色はきっと変わっていくだろう。

 

セラピストさんは馬との関係が出てきたらとてもかわるから、とすごくそのことをよく言ってくれますね。

きがつくかなあ。馬と僕がいる。馬と僕の関係があるということに。

 

おかあさんは頭では、見守るをがんばるつもりではいるけど、つい口が出ます。

でも前よりマシになったはず。

ふう。自発のものの発展にはお母さんって邪魔だよね。でもお母さんって必要らしいのです。私いないでやってほしいなっておもうことがよくある。


見守るの下手だからってヘタレすぎるか。ふふ。

 

広告を非表示にする

泥を受け入れる

生まれて初めて自発で泥を受け入れる遊びを集中してやりました!!!

 

f:id:snoopyoko:20170622114756p:plain

ああびっくりした。

 

ちょっとずついろんな感覚を受け入れていってる気がします・・・

f:id:snoopyoko:20170622114827p:plain

 

20分ぐらいかな。よく考えて遊んでいた。試行錯誤しながら。。。

 

雨上がりの公園で。普段と違う様子だから、黙認。

帰って急いでご飯つくればいいか・・・とおもって、しばしまちました。

 

言語訓練の、帰り道のことでした。

 

また、学校の前をわざわざ遠回りして通って帰り、がっこう がっこうすき
といったのもびっくりした。

 

好きなところがあるのはいいことだよ。。。

 

 

 

言語訓練は先月から月1か2で出会う新しい先生。またもや最初から場づくりからです。先生は苦戦かな。

座学できない状態です。今日は2回目。

 

今回は朝持っていきたがった、かたちの積み上げサーカスを先生のところにもっていって、思いを成仏させてもらうことにしました。

 

先生もプロだから、きっとここからひろうだろう。

 

動物の名前の発音がいまいちなので、そこをひろってやってくれたみたいです。

まあいろんな動物がいるのでちょうどいいね。

 

f:id:snoopyoko:20170622121617p:plain

 

 

 

これ、もうあまり慌てない。。。

こんな経験ありました。先生の持ってる味、嗅覚で、うちの子にこれをしたらええかなっていうのを発見したらだんだんそちらにシフトしてもらえたらいいなあ。。。

 


プロを頼って、待ちます。。。機会。

 

親勉強になった。あたふたして、もうやめたほうがいいのかなとおもったころ、やり方を発見されていたので・・・。うふふ。

 

訓練の先生は月に1回とか2回。別の先生だったら、2ヶ月に1回とかで、訓練するわけです。うちの子の場合は、脱線することからどう戻すか。で大変です。

 

遊びたい。

常に自分の一番楽しいを優先したい。

 

の人に対して、勉強させるのは大変なコッチャですので・・・

 

先生との関係ができていくのが楽しみです。

 

 

そういえば、始めたころ月1回あえていた、作業の先生、訓練を受ける人数が増えてきて今や、2ヶ月に1回ぐらいしか会えない。

月曜日の朝、先生の名字を下手な発音でいいながら、先生の写真のカードをももってきた。

え?あんな厳しい先生が好きなのか!

 

おもしろいねえ。関係ができているんだなあ。また、作業自体が好きなんだよね。ここをちょっとかんがえてなにかしてあげたいものだ。


達成感の快感があるもんね🎵

広告を非表示にする

おもちゃもっていきたあい!

おもちゃ持って行きたい。

 

きょうは かたちの積み上げサーカスを持って行きたがりましたね学校に。

f:id:snoopyoko:20170621120302p:plain

毅然と。学校にはおもちゃは持っていかない。をしました。

やでやで。

 

先生に見せたいんだね。

 

最近持って行きたがるのは、こどもちゃれんじのおもちゃばっかり。

やっと狙いに気がついたのかよさに気がついたのか・・・

 

ちゃれんじの回し者か。というぐらいです。

 

おもちゃもってくもってかないで数分もめて崩れさせたもありましたが、

 

 

珍しく朝たくさん出して行きました。ここでも時間を使ったなあ。

ごはんたべないなあっておもってたけど、出したら食べまして、そこでも時間がちょっとかかってしまいました。

 

 

いざ家を出ても、時間がない。

朝は雨がたくさんだったので、溝が川みたいになっていたのを長々と眺める時間もあったし、水たまりにぱちゃぱちゃする時間もあったし。

 

 

まあ、遅刻ですよね。。。2分遅刻。

 

すれすれです。毎日今日のすれすれ。

 

時間の概念とかそんなところに気がつくまではまだまださきそうだなあ。今わかることを提示しながらぼちぼち頑張ろう。

広告を非表示にする

発達の相談の病院。

発達の病院に行くため、学校帰りに駅に行く途中交流級の子たちと一緒でした。

 

息子ちゃん、どこいくの? 

病院だよ。 

どうしたん、だいじょうぶ。げんきそうだよ。

 

どう伝えるか大人目線のおばさんぼんやり考える。と、、、

 

あ、わかった、ことばがへんやからやろ。

 

 

でも息子ちゃんえらいとおもう、一年で一番小さいとおもうけど、えらい。

どこがえらいのかな?

小さいのにランドセルをせおってること。

あははは(よく下ろしてるんだけどね。今朝も背負わないと言ってたんだけどね。)

3歳ぐらいやと思ってるねん。わたし。

(おお、核心ついてるような。)6さいやでー。

ほしたら小さい6歳やね。

うふふふ。

 

 

息子ちゃんばいばーいい! ばいばーい! いろんな子が手を振ってくれる。

 

うちの子も手を振る。ばばい、またねえ。と。

 

みんななりに、知ってる言葉で、知ってる知識で、うちの子のことを見てる気がします。

おもったことを、ぽーん!って言ってるだけで、悪意はあまり感じません。

人を傷つけようという意図で、攻撃するようなことがあったら、わたしも思わず何かいうかもしれません。でもいまは、みんな、自分なりに、知ってる感性や自分の経験したことで持ってる言葉で見てくれてる。

 

 

さて、病院。先生はとことん保護者さんの話を聞くらしいので、ついたらまだ自分の予約時間より1時間前の人が話してるそうでした。

3時半の予約ながら実際見てもらったのは4時半過ぎから。

話を聞いて欲しい、なんとか悩みを打開したい。そんな親心に寄り添うのが身上のお方のようだ。

 

先生の講演に行った時に、

ゆっくりなだけで発達していく段階はみんなと同じ。のような趣旨の話をされていた。

ええ??障害の特徴はどうなるの???っておもった。

 

また、うちのような子は支援校に行くべきと言われがちなのですが、支援校に苦手な様子がある子なら、小学校就学で、支援級も子どもの発達にいいことだ。地元の学校が受け入れてくれるのならば、迷惑がかかると思っても、進路の選択の一つにしてもよい。という話をしていたので、受診してみたくなりました。

 

うちの子は、音のことでの苦手は多く、同じような障害の仲間でパニックになっている様子などが苦手なのですね。子どもさんの泣き声っていうのが一番苦手なところです。

年長の時、支援校の学校体験にいったときも、ずっと叫んでいるお友達がいて、困っていたけど逃げ場が見つけにくい感じでした。

支援級はパーソナルスペースがたくさんあるし、逃げ場もいっぱい。

実際・・・今交流級で、いやだとベランダに逃げたりするから、迷惑かけてるな。

でもやってもらっていて、ありがたいです。

 

音の苦手もいつしか、いろんな賢さが備わったり、たくさん入る刺激をだんだんと遮断できることも増えたら、マシになると聞いています。

いつかは支援校に行きますが、スタートは支援級から。と思った次第で近くの小学校におせわになっています。

 

 

初回の受診は就学前の3月でした。

このときは、みっちり、遊んでもらった感じです。どんな子かみてもらったかんじでした。

この時言われたのは、とにかくすきなことをみつけてあげてかかわってあげてね。でした。

 

次は6月ぐらい。学校行き始めて色々と困りごとがあるかもしれないので。と2回目の受診が決まりそれが最近でした。

 

今回、なかよしの先生のよりそいが、私的には無理強のない感じで、本人ももちろん頑張っているのだけど息切れするまで来ていない感じがするので特に先生に悩みを吐露することはなかったです。

 

病院の先生には、今回もよく遊んでもらいました。遊ぶのがお仕事。どんな発達の段階か見るには遊ぶことなんでしょうかしらね。

最近学校にやたら持って行きたがる、しゃべる、はてなんだの絵本をもっていきました。それでやりとりしてあそんでもらいました。

 

先生曰く、順調に成長してますね。このペースでやってください。

ずっこけそうになりました。 順調??? 

はい、ゆっくりなペースで普通に発達して行ってますよ。とのこと。

 

以前の講演でも、例えばクレーンという、自閉児によくある伝え方は、一瞬定型の子達もしているのだけど成長が進みその時期が一瞬すぎて目立たない。という話で、ただただゆっくりなだけ。という表現で、ゆっくりなだけの話をされとりました。

 

ほ???

 

夫も、順調に成長して行ってるって言われた。というと、ずっこけとりました。
三枝さんみたいになるわ。と言ってました。

 

説明としては、3月に様子を見た時よりも、お母さんへの働きかけや、こちらからの働きかけに対しての反応はずいぶん変わっていますよ。とのことでした。

 

 

先生から質問があったのは以下。

1、学校で子供達の受け入れはあるか?排他、攻撃的なことはあるか?

 ー私の答えは、 はっきりわからないけども、おそらくその心配は今はなさそう。

 

2、先生はむりにやらせていたりしないか?

 ーおそらくすくないとおもうけど、指導員さんはそこは頑張ってくれようとしているかもしれない。

 

質問の後、なぜそれを聞いたのかきいてみたら、以下のような話でした。

 

1については、先生たちがおそらく、子供達に、どの子もいるこだという環境を作れていたら心配は少ないので、そこを知りたくて聞いたそう。

 

2については、無理にさせることはまだ小さいしできるのだけど、それをしたところで、その行動が定着しにくい、むしろ、嫌なこととなるから、まずは見せて解説してあげるだけで十分。

本人の成長の中で、みんなと一緒をやってみよう。となったり、理由がわかってやったり。それが今年でないかもしれないけど、わかってないから見せてもしょうがない。というより、まず見せる。

見せれる環境をつくってあげることだという点で聞いたそう。

本人がすぐに見れなくても、見ないから見せないとならず、その環境を作ることだそう。

 

もう一点の留意点としては、お世話好きの女の子が、おねえさんぶって、全部やってあげたいとかが出てくるかもしれないけど、それはその子にも、ちょっとした手助けだけというのをするぐらいにしてほしいと、先生に助け舟をだしてもらうように、お願いしてあげてください。とのとこでした。

 

支援のお手伝いは欲しいけど調整というのがいるものなのですね。。。へー。

 

 

質問はあるのか聞かれたので私から聞いたのは、

 

 

  • 体操服がいやだったり、給食当番の服が嫌だったりする。そこはどうしよう。

みんながつけている。しているのを見れる環境にあり、みんなつけてるね。とか声かけをする。
つけれる環境を与えること。時期が来たらつけるだろうと思われます。気長に。とのことでした。

 

  • つばはきがあります。どんなときにありますか?ときかれたので、退屈な時、嫌なことがあり不満がたまっている時、注意を引きたい時 かな?家では自分のやりたい放題なところだし忙しいからかしてないけど、学校ではあるようです。

 

注意を引きたい時にやってたらそれは無視。

それ以外は、気持ちの正しい表現にだんだんおきかえることをすることです。具体的には、不満だった感じの時は いやだね。 わかりたいのだね。 退屈なんだね。 のように気持ちの内容の言葉を伝えることです。とのことでした。

 

 

とはいってもつば吐いたりする時って、もうこみ上げた感情が止めれてないところなので、こっちに注意が向かないし、伝えても入りにくい状況です。

それでも気長にそうやっていくしかないんだろうとおもいますが・・・。

なかよしの先生が気がついてくれた、みんなのつかうところ の話はしたかったけど、今回は呑み込みました。二学期に存分にするチャンスがありそうだし・・・

 

 

2学期の運動会、音楽会、で崩れるかと思います。って話を後最後にしました。

 

繰り返しの練習が嫌いな子が結構多いです。同じところを何回もする。待つ 話を聞く やりなおす。のようなことが苦手な子が多いです。

 

とのことでした。ああ、嫌いそうだなあ。
なかよしの先生にお手間かけそうだなと憂鬱になりました・・・

 

 

次は、運動会と音楽会の間ということで、10月に来てくださいでした。

 


今回のところ、子供の学校の日々もオッケーそうだし、わたしもそんなすさんでない腐ってないかんじにうけとめてもらえてるらしく、

 

このまんまのペースで育児してくださいね。って話で締めてくださいました。

 

一番に、先生は、こどもが落ち込んだりしてないか、親がへこたれてないか を見てると思います。

本当に落ち込んでいたり、塞いでる感じの親御さん、子どもさんたちをたくさん見てこられたのかなとおもいます。そういう方にはけっこう上向きに行けるようにご助言に時間を割かれるのではないでしょうか。私んちは今回20分ぐらいで診察が終わりました。

 

 

いまのまんまで大丈夫。ずっこけますが、なかよしの先生のおかげかなと思いました。

 

広告を非表示にする

はさみ

ハサミで切れるのをを僕に見せたかったみたい。

 

と、セラピストさんに言われた21回目の馬。

 

 

 

ああガッテン、いま、一年生は七夕の飾りの練習をしてるようだった。教室にいろんな切ったかざりがあったのと、きんようび、先生不在のなか、指導員さんとつくったかざりを見せてもらったの思い出した。

 

そして、きのうかえってきたら、先生と切って作ったひまわりの花が、連絡帳に挟まれていた。

 

 

最近の器量としてはまっすぐなら、しらないうちに5回とか10回切りでまっすぐなのはザクザクときるようになっていました。

 

 

ちょっと前に、帰ってきたあと、机の上にあるお菓子の袋を、マイハサミを取りに行って、ザクザクと5回ぐらい切って開けたのを見て

 

へ???できるん?

 

って思ってびっくりして、おやつを食べながら連絡帳を開くと、10回切りをさくさくとしてびっくりしました!

って先生から書いてあったので、吹きました。

 

 

 

指導員さんや先生の手を借りながら、やってるけども、周りの子を見たり、意識をしたり、それをやってみたいなって思える環境があるようです。 

 

おかげで、そこに自分の意思で出会えるというか、はさみにちょっと敏感な時期がきてるみたいでした。

思ってるイメージのことができるようになりたいなとか、そうしよう。こうやってこうしよう。って思ったら、やりはじめるんだな。と感じます。

 

できないなあっておもって、機会を与えないのではなく、見せるのだけでもいいし、いい印象が持てるように配慮できたらもっといい。

 

もちろん見る、注視するは、はためには薄いかもしれません。

でも見れる環境にいることは大事なことです。

周りの子を意識したり、やってみたいなって感情がもし沸くとしたら・・・親にはあげれない環境です。学校にいて見れるっていうのは。

大人がこれをこうさせようってするより、みじかな子どもたちがワクワクそれをしている状況が見れる方が、刺激的でいいのかなと想像です。

 

もちろん動作もまだ完成していおりませんよね。まるくかくとか、いつできるようになるかなあ。細かな微細の動きの統合はまだ先。ひょっとしたらないかもしれない。

 

できるだけ努力して楽しみながら訓練経験してもらいつつ、様子見です。

 

来月からもうひとり作業の先生に会えるかんじになります、月1回か2回。
作業が大好きだから良かった。

 

いつか自分の意思でそれにであえたらいいね。と思います。

 

 

草を切るのもすごく感覚の統合だとおもいます。

 

草の種類によって切れる時の感触は違うし、きる前に支える方の手で、草を束ねたり、いろんな感覚を経ての動作がでてきます。

 

 

もっとやりたいもっともっとやってみたい。

 

僕こんなの切れるんだよ。みてみて。

 

 

たしかにあったかも、21回目の馬での、

 

僕切れるの見てちょうだい!!!

 

 

ああ、セラピストさんが受け止めてくれたことは正解だったと思う。

 

いま学校でやってることが、私生活でもやっぱり広がっていくかんじなので、見れる機会っていうのがすごく大事だなあと感じる。

広告を非表示にする

今朝もちょっと不調

今朝は朝から、運動系のデイにいきたいそうでして、学校よりそちらだそう。

 

 

おお。最近そんな感じですね。

 

色々と学校の感じの自分のイメージができたのかもしれない。

そのイメージをやらされるのはどうなのか??みたいな時期に突入してるのかもしれません。

学校という刺激からの、次のステップ。

 

 

常に楽しいをどこかにもってこようとする、生命力。
まあ大概周りにそれを封じられようとするのとのせめぎ合いをして生きてはるんだが・・・

 

 

とりあえず、遊びを止めて学校に行くことを了承して、玄関を出る。

とちゅうまでいきはじめたら、なんだくん!!!と言われる。

 

 

なんだくんはおうちであそぼう。学校はなんだくん持っていかない。
というと怒る。でも泣かなかった。昨日は泣いていたしねえ。 

 

 

はてなんだ持参を断ったのもあったのか、絶対ランドセルは背負わないという。

 

 

途中の公園でもあそぶという。

 

   

つばためは、なしだった。

音のチューニングもなし。

 

 

学校のなかがみえる柵の外から、急遽決まった集会に向かうみんなを、

 

 

おらーい

おらーい

おらーい

 

 

といいながら、自分が操作して、なかに運んでるみたいに体で表現して遊んでいた。

 

自分が手を運ぶと、みんな体育館に吸い込まれて行くもんね。

 

たくさんのクラス学年。それはそれはおもしろいだろう。

自分がまるで魔法を使ってるみたいに思ったのかな。

みんなが入りきるまでやって、達成感。

 

 

ふとファンタジアのミッキーの水汲みを思い出した。

 

 

そんな感じだった。

 

 

こういうところきらいじゃないねんなあ。

 

ユーモアというか 夢想というか・・・

 

みんなは集会がはじまってる。

 

で、なんとか到着。遅刻やわな(^◇^;)

 

到着時の表情を見て、先生何か感じとってくれた模様。

 

 

多分朝からこれは低調かなあって感じに受け取ってくれたかな???

 

 

広告を非表示にする

今朝も泣きながら別れました

今朝も泣きながら別れてちょっとダメージかあさんです。

 

はてなんだを持っていきたいを断ったからかな・・・でもここは毅然と。

がんばりどころっす。

 

 

道中ぎゅーしてぎゅーしてって、なんどもリクエストがありはぐはぐしながら行きました。

 

ランドセルは背負ってたな。

もたないとき、それも気持ちの表現なんよね。それはしてはったわ。


道草ではなをむしったり草をむしるのはなかった。


つばはきもなかったね。つばためもなかったので、、、


気持ちを沈めるには、きょうはハグが良かったらしい。

 

 

でも音のチューニングあわせが久々にあったのね。がんばってるわ。


学校がちかづくにつれ、

道を歩きながら、ハグしてくれの回数が多かったね・・・

 

 

途中学校がみえてからは、 

 

 

がんばたね

ありがとござました

といれできた えらかたたね といれおわた かしこかた

 

 

をすごい連発してた。ちょいフラッシュバック的な感じで。

 

ああ、頑張ってる震わして鼓舞してる???って感じがしました。。。

 

これ最近目立ってきてます。

 

あらかじめやるべきことをして ほめられた。

をフラッシュバックさせていくの。。。

 

 

きになるわ。


建物の入り口で、ハグしてってきたからそうした。


きょう、発達相談の先生。一年に3回ぐらいだろうけど。のうちの1回。せんせいにきいてみよう。

 

 

 

 

 

いつも勝手に感情が入っちゃうのだけど、ぺん太のことの はたけさん。どうもどうも似てるんだなあうちのんと。。。


 

そのはたけさんのお父さんの話が出てきて、話も佳境に入って一生懸命見ちゃうかあさんです。まいにちきになるなる。

 


あと、今朝、厳しい作業療法の先生とこに行きたいって意思表示ありました。


すきやな

やっぱり作業^_^なんかそのあたりを放課後の遊びに入れてあげたいね


いま求めてるかんじやね

 

広告を非表示にする