sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

お母さんの空回り

最近学校でパズルをしているらしい、、、

 

とは聞いていた。

昨日パズルを引っ張り出して来てやっている、、、今までとやり方が違う。。。

 

わりおの顔 て 

マリオて 顔 あし おなか

 

とかいいながらあつめてた。

そして引っ付けて見本を見てやっていく。

 

端っこも意識して端っこは端っこのどこかにおく。まだ下のガイド(ピースの形になったくぼみ)は頼りにしてないけど、これははしっこのどっかだな。っていうかんじだ。

 

へー

かしこさが前より上がっていた。3面のマリオのパズル・・・

簡単な順に2つは作った。1つは途中でギブアップ。ままやる。と言われる。

 

先週チューブ(ハイハイして通るトンネル)を出せと言われた。久々やなあと思ってたけど教室にそれがあった。

家にも簡単なのあるけど、先週久々にトンネルする!と出してを言われたんですよー

というと、ああちょうど先週出したところですねここに。とおっしゃってた。

 

連絡帳に勉強のことがちらほらと書いてある。

1−20は完璧です。と書いてるけど何やってるのか知らず、、、

このあいだの言語の先生(二人で動きながら言葉のやり取りをしている。音を正しく聞かせることを第一に、先生と遊んでいる。昨夜も、明日いきたいんだと示された。先生に会いたいと写真を予定表に貼っていた。先生の名字をつぶやきながら・・・)に、数と量が一致してますね結構。といわれた。言語の先生は、うちの子の表出のわりにわかってるなと感じたらしく、そうおっしゃってた。
言語の先生はうちの子の知的な理解はかなり低い。と、判断されていてそれで接していてくれている。そうね発達の検査も1歳台の結果ですから・・・。。。
これはわかってるとか親が弁明した方がいいのかどっちかなと考えたけど、お任せして、むすこに言葉のシャワーをしてもらえるならそれでいいやっておもった。
わかってることに気が付いたら、やり方も変わっていくだろし、二人の関係性に任せよう・・・という感じです。

 

今朝なかよしの担任の先生に声をかけてもらう。勉強内容についてお伝えなかなかできてないので見てもらっていいですか?と。

 

数の20ことについて・・・

20個の数だけ タイルを出して、

1から20の札を見せてその量をその20個の中から息子に作ってもらうをしてるらしい。

そのとき、たとえば13とみせたら 7つのタイルを取り除く。

10のタイルの塊に3こタイルを足すとかではなく

10のタイルと10のタイルを組み合わせ、片方の10のタイルから7つ取り去るらしい。結構な速さなので、瞬間的にそうしてると思いますとのことでした。

こういう理解の仕方をしてるのかと思いました。

 

とのことでした、おやもびっくりしましたわ。

だから言語の先生のところでそういうそぶりがあったのか・・・言語の先生は遊びながら概念の問いかけもしてはるんだろうねえ。。。

 

親は何もしとりません。ほんと、なあにも。

何もできへんなと悟ってしまったので、家は羽を休めるところ。のんびりするところ。としてます。

 

いまのところは、家で遊びには私に介入を求めます。
一人で遊んでることもなくはないけど、ゲームするとかアプリするとかだと呼ばれることは多い。手先の遊びも不器用で補助がいるので呼ばれる。

空想遊びはわたしなしでやりますね。よく頭の中に空想が浮かんでいるようですね・・・

その中では自分の好きなキャラクターが色々と登場しているようで、こけてしまったりしてだいじょうぶ?おうちにかえろう。とか、どこかからでられなくなってしまった子を みんなで どこどこと探して救出して だいじょうぶ?おうちにかえろう。とかそういう顛末のが今は多いですよく話してるわ。

絵本はあまり好きでなく、イマジネーションが広がらないようです。ので、スマホで色々見たことで広げます。ご飯のこともたくさん知ったみたい。食事中にいろいろと食べ物の名前を教えてくれたりするようになってきた。。。

 

友達はその様子を見て、スマホさせるなとか絵本見せろとかいう話を聞くと後ろめたく思うだろうけど、息子ちゃんには絵本がわりというか・・・その方が入って行ってるんだと思ってわりきりなーと、言いました。

合うやり方で自分のイマジネーションを広げていけばいいやんと。いまがのびのびどきなんだからと。

普通の子育てしている友達がそう言ってくれたことは、ちょっと自分をホッとさせてくれた。

私はそう言ってもらえなくても、理解されなくてもいいと思ってほったらかしにしてきました。けど友達が自然にそういう感じに受け止めてくれていたので、うれしかったです。

うちの子にはさせれんけどな。と言ってましたが。ほほほ。わかるしそれ。

 

 

さて、学校。

ことば は 身の回りのものを写真に撮って、それを先生が手書きに厚紙の札にかく。

 

でんき とは読める。 つぎに 電器の写真をたくさんの写真群から選ぶをするらしいけど、音は読めても音の構成が単語というところはまだピンと来ていないらしい。

でもそれを根気強くやってくれているようでありがたい。

 

きのう えんぴつ は 読めたらしい。

そしてそのあとすぐに鉛筆の写真を持ったらしいくてびっくりしたそうだ。それがたまたまきになる言葉の札だったので記憶していたのかもしれないしわからない真実は。でもこうやって地道にやることで 音の羅列が単語 となることにきがついたら、人と言語的に発音しなくても意思や思いや意見をかわしたり、頭の中にある物語も掘り起こせるかもしれない。

 

とはいっても・・・

 

みんながおやつをたべている 状況の説明は おやつたべる! で

みんながおどっている 状況の説明は ゆびさして おどる! です

 

言葉というものがうちの子にとっては織り成していくのには、なかなか困難なことがわかります。

しかしながらもう一生喋らないかと思っていたら全然そんなこともなく・・・たくさんの言葉のやり取りはないけど、通じ合えるようなことも多く。。。

正直なかんじで反応をしはるから。。。正直だから困るはあるし、正直だから助かるもある。極めてシンプルな息子さんだった・・・

 

ただ、言葉の勉強に、まだ可能性を信じて接してくださってることにびっくりした。

親よりも、真摯に教えてくださっている状況です。

 

ほか、ひもひもさん という紐通しを楽しんでいるらしい。先輩みんな仲良し仲間がやっているのを見てやる気を出して興味を持てて、本人もへたっぴなりに横でやるようになっているらしい。

 

学校は仲良しの仲間が多めだから、支援学校が学校内にある感じもある。そういうところはこの学校のいいところね。

 

ノートにはたくさん、ハサミで切って貼っていくワークがしてありました。

 

今朝、勉強について色々教えてもらいました。

 

 

その一方、、、サバイブもしています。昨日の朝色々と問題について聞かせてもらいました。嬉しかった。

 

困った感についてはあまり聞くことがない学校です。大丈夫っていう話になるのだけど。。。先生って私と対等に話せない。どうしても私の方が優位になるので、困った話って、なかなかきけないんです。

でもその困った話の中には結構、大事な要素があるので・・・

本人の学び方を考えたり、学ぶ場所も考えたり。。。先生のことをより慮れる想像力がついて、大事なことなんです。知らないより知る方がいい。

 

サッカーの授業中によくわざとたおれていたようなのだが、その日たまたまお母さんが体操服を忘れてしまったからそのせいかな??みんなと服が違うしというと、ああ。ないとはいえないですけど、ルールが難しいから。。。ミニゲームとか。

みんなとやりたい でも内容わからない そこが出てたと思います。

しんどいかな。ルールの理解はまだ難しいしと思って、なかよしに帰る??と聞いたら、「やる!!!」と強く明言したので最後まで授業にはいました。とのことでした。

 

せんせいは ただ倒れてるヘソを曲げてると思わなかったのが私には助かりました。よくわかってくれているなあとおもって。

 

それと・・・

担任の先生の時はちょっと嫌になって逃げていっても、じきに戻ってくるらしいのですが。。。

ボラさんとか、滅多と合わない先生とかだと、イニシアチブを取らせないように(担任の先生は見えるらしい)かなり頑張って悪いことをするそうです。

逃走したり、机の上に乗ったり。。。一人学級崩壊(^◇^;)かな母さんの感想は・・・

恒常的小一プロブレムつうかなあ。。。
(思い出せば一年生の教室にいつも3人ぐらい先生がいた大勢の4月の2週間ぐらいを思い出す。。。どっちがかじ取りするかの肝の時期。。。笑う息子の話聞いて)

 

この人がどんな人かわかるまでは、駆け引きというか値踏みというかがすごい顕著に行動に表れる子のようです。

うまのところでもそういうことなんかもしれんね???

このへんまたうまのとこのセラピストさんと話しして見たいなと思います。最近話しして見たいことが増えまくってるな。。。覚えてるかな次回。。。

逃走については今は一年生のクラスの教室と、仲良しのクラスが近いのでテリトリーが限られてるけど、今後どんどん学内でテリトリーが広がって行くとどこにいるかわからないとか出て来て困るんじゃないかという話でした。

もう、ビーコンとかつけたいな。ほんまに!

ビーコンつけよかな!もう!

 

と、本人のサバイブでみんなの習う知識と自分の差異で凹むこともあったりするんじゃないかのケアーが必要。

とか、

自我がつよいことと、承認欲求の意識がまだ、何かを習うことを評価されるということに気がつかないし、問題行動になる。行動は概ね素直で、偽りはないので、拒絶がわかりやすい。安心していないんだなという心理状態もわかりやすい。やらせるわからせるのの解決はできないけど本人の状況は読み取りやすい。
承認欲求という形成はまだおぼこい。相手を慮ることもまだまだ。というところのそんなイキイキしたいきのいい活発な生き物、なかなか息子と接する人がタフな状況です。

 

おかあさんなんもしらない なんもきがついてない・・・

おかあさん、家で一緒に遊ぶ人そんぐらいだったなあ。それでいいのかとおもってしまった。

 

先生も家で勉強なんて無理ですよね!いいんですよ!ほんまに、と言っていた。

すごいね。

 

一応宿題をしてくれてるのは、親のためかもしれんね。

これがけっこう、おもしろいんだけどね、本人には申し訳ないかもだけど、一瞬自分の時間から違う時間をする。っていうのだけどだいぶハイハイってするようになってきたんだよね。。。継続は力なり。的な。

 

広告を非表示にする

頑張りたいお兄さんの自分 ゆるい自分 いったりきたり。

このころ 学校を頑張ろうとしていた。

そして同時に 乱れてもいた。


乱れていた頃、

嫌だったり、不安な中だったりの時、頑張る前に唱え出す息子さん・・・

 

よくできましたー

がんばたね

えらかたね

はなまる

できたねやたね

いえー

ありがとござました

ぜんぶたべたね

 

半べそかいて叫んでいた。。。登校の道中。進みにくくなったりもあったなあ。。。
でもついたら、さくっとがんばるかんじで。。。 

 

頑張りたい自分

できない自分

 

か???

 

 

そのうち、また適当にやったりするようになった。がんばりすぎないというか・・・
ゆうことあんまり結局聞かなくなったというのか・・・あはは。


馬21回目のときこんなはなしがでた。

いまは少しずつ介入と補助を引いていって、活動を見守るかんじ、手伝わない、見もしないかんじでやっています。いま、流れのイメージが本人の中で高まっていってる。

 

できたことは 最初はほめるけど、そのイメージがすでにもうあるなら、介入をだんだん引いていってあげないと。注意してみてあげる事。  

 

 

さて、今朝、久しぶりに乱れたのでした。

 

あ、1学期のやつと似てる。

歩きながら

トイレできた!えらかたね
やったぁ
いただきますー
おいしかた
ありがとうござました
みなさんさよなら
がっこあるー

と言いながら顔はもうなきがお。半べそ。

 

3学期だしかねえ。
新しい学年の前だし、何かを感じてる日々なのかもしれない。
ないのかもだけどあるのかもだけど、まあいい・・・

 

 

だいたい、学校に行くのが最近遅くなっていってる。。。

 

物理的に寝坊とか。。。まあいろんなコンディションがあるわな。

 

寝るの問題。

最近寝相が悪く布団からはみ出るけど寒いから起きてしまう。するとあったかくなるためにおとんやおかんの布団に潜りに来るのだった。

おとんやおかんも目が覚めてしまう。

ので そんな繰り返しをしてるうちに 寝不足なる。

寝坊しがちなる。布団気持ちいいし。。。

もともと寝るのも遅い。いろんなことがうちは押しがちだ。食事ゆっくり。あそびゆっっくり。風呂も風呂であそぶからゆっくり。
遊びは見てたら結構無駄にならない活動が多いのですぐにやめさせない。
いまはマネージメントとその遊びの意欲を消したくない思いでお母さんは板挟みだ。。。

遊びの中では言葉も出るしなあ。素直だな人ってな。でも欲望のまんまにいくと、生活破綻するのかもしれんな。

あとは覚醒を鎮静させるのは苦手なタイプだ。。。そういう脳なのかしらということになっていて、睡眠外来のところでも先生にみてもらってる。。。

 

朝ご飯食べるの遅い。だんだんと時間が押す。
ゆっくりだし。。。おもちゃでも遊びたがる。行く前に。

おもちゃで遊ぶ時間も長い。指先に力が入りにくいからじっくりおもちゃで遊ぶせいだなあ。

構造化しなさい!とか言われそうだけど・・・

んー。。。でも熱意を持ってることが鍛えるべきのことに見えるからなあ。遅刻すれすれでいろんなものが溢れてる中で、やめようか。時間が何時だから。学校には何時には着きたいから。ってのを繰り返すやり方でやってみようと決めた。

いつわかるだろう。

 

今は私がやってることの真似をしたいらしく、次に出かける前に、洗濯機のスイッチをおしたがる。場所も覚えてるんだね、なにやってるか。
でも自分の指圧では押せないのでわたしなら1秒で済むような用事に1分とかかかって押そうとしている。待つ。

 

鍵もしめたがるけど手首の廻す開くみたいなのでできないので時間がかかる2分とか。
でも自分で締めたいから、閉めるとわかってることを表したいから?なのか、自分で鍵をまず持つ。玄関のトレーにおいてあるのを、私より先に持つ。

 

 

さて今日もこんな感じでダラダラと出発したのだけど、途中乱れつつ、学校に着く。

いつもどおり、ランドセルとかベストを放り投げて・・・
(先生すみません、これもきっと発散てきな。。。すんません。いまからはじまるけど わあっ えいやぁって的な・・・たぶん)

 

 

それから脱走。

 

いつもは、トンカチでドアを治す遊び(ふりあそび)とか、一輪車の練習レーンを掴んで懸垂みたいな状態で足をぶらぶらさせたりみたいなのする。(まあこれもいいあそびだけどね。トンカチも手首の鍛えになる。いつか指先の活動につながる遊びに見えるから。作業の訓練全部それやもん。)

 

でも今日は脱走。

 

どこ行くのか追跡・・・ろくぼくだった。

 

最近帰りデイさんがないときは、ろくぼくにいく。でも中途半端なところまで昇ったらやめる。この2週間はそんな感じだった。まあ自信が出たら上まで行くやろな。と見守ってきていたが・・・

え??どんどん上に行く。上にタッチした。

できた。といって降りてきた。

 

降りる前に最後に両足と一本の手を支えに体をまえに投げ出すののをやるのがこの3回ぐらいいっしょにろくぼくしたときのスタイルだ。
これも刺激を自分で入れてる活動なんだろね。なんでするのかしりたいわ。

 

すっきりしたのかもしれない。自らの足で教室に向かっていた。

ああ、そう。へー。そやって発散したのか????

 

ちなみにせんせいに、どこいくかとおもったら、ろくぼくでしたー!

ろくぼくてっぺんタッチしてました!はじめてみたわー

といったら、へ?いつもしてますよ。できますけど。と、呆れ顔で言われました。はよもどってきいや。みたいな感じでした。

お母さんだけ大興奮。

せんせいは いつものやつやでー で、先生の方が知ってることあるね。笑いました。

 

 

乱れたときにどうやって元に戻るか、乱れ方と、自分で戻るようになるか。そこを見守るのが大事ですね。と馬のセラピストさんはいう。。。

たぶん焚きつけたり手を出さずに、見守ったほが、本人の獲得につながるという彼の考え方やろな。結構好きです。

 

 

教室に行かないといけない時間なのに、それをしてるのはどうかというのはある。

でも、ツバ吐いたりもこまるし 泣いて騒ぐのも困る

どっちかというと、ふーん、、、まだましだ。という狂った親だ・・・

 

 

人生いろいろな時期がある。一年でも色々な時期がある。ね。

広告を非表示にする

コスプレ

七五三の時も当日着物来たがらず大変で、その場でキャンセル。

園の変装する日も一人頑なに拒否。

音楽会も着せた服を脱ぎ捨てる。「おかーさんファミリア脱ぎ捨てました」と先生。はいはい。トレーナーと黄色いズボンで参加。ははは。

給食当番の服も着ない。はいはい。それが9月にある日着た日があって、クラスの出来事カレンダーにかいてもらった。息子ちゃんが給食の服を着たよ!みたいなの。

その後給食の服着ない。と聞いてたのでどうせ着てないでしょ。とおもってたら、最近きてるし、給食当番の時はマスクもしてますよ。といわれ へ? と。

ちなみに今は待つ時もマスクつけとくルールなんだけど(もうセンシティブ時代ねえ)それはしないんですよね。と先生。しかしたまに ううーっとうなりながら手でマスクを口に当てているのでなんか葛藤してるみたいですね!と笑ってました。

謎の息子。

 

 

色々あるけどしたいかっこはするので・・・

なんか気持ちの部分が強いんでしょうな。支配されたくないのかしら。

 

 

おじいちゃん達が雪らしい雪のところに連れてってあげたいなあって話してくれてて。。。レンタカーを借りるようなことにしてくれてるらしい。

今我が家、軽。

おじいちゃんちも、軽。

 

おっきな車で行こかだそうな。

 

えっと雪の時の服買わねばかなあ。とかおもいながら、あ、甥っ子からもらったやつあったなと思い出す。押し入れごそごそ引っ張り出す。

おいっこは10年ぐらい年が違うのかな。

でもこれ絶対10年じゃないな。このデザイン・・・

なんだ、これだいぶ前やない?このへんか???

f:id:snoopyoko:20180220110500p:plainもう肩のところの飾りとか剥離してるし・・・

いつ時代のかな・・・到底今出せないデザインだと思う。

f:id:snoopyoko:20180220105853p:plain

こゆとことかさ

f:id:snoopyoko:20180220110231p:plain

あったから着せてみななあ。120センチでした。

ちょっとおおきめ。しかし息子110はちいさかったりする。市販の服。胴が長いのでうえなんて110完全にアウトだ。袖は余るけど。ズボンは110ちょぴんちょぴんすぎる。120ちょっとおる短足だから。ウエストめっちゃ詰める細いから。

 

しかしコスプレ嫌いだから着ないだろうねえとおもいつつ広げたまんまにしておいた。

 

 

帰宅後さっと着始める。へ?

f:id:snoopyoko:20180220110711p:plain

鏡チェックもする

f:id:snoopyoko:20180220110721p:plain

あそう。

脱いでもまたしばらくしたら着て小一時間脱いだり着たり。

f:id:snoopyoko:20180220110804p:plain

なんかあそんではるわ。

スティッチ〜よかったねー

ヨーデルセンがどうやらで なになにどうした なんだ とか色々喋ってはるからあたまのなかでなんかいろんなキャラとキャラで物語してはるみたいでした。

 

ふーん。。。

着たいものだったらしい。

 

斬新デザインの服でした。

広告を非表示にする

近所の子

近所の子たちがボールで遊んでいた。

 

それを見た息子さん、いっしょにあそぼ と言葉で表現していいよといってもらったそう。

息子がわかるルールは乏しいからそれなりに相手をしてくれてる(もうそうなってしまうんだな)状態。

 

でも快くといっても 誰かに褒められるためでもなく入れてくれる子たち。

 

ふーん。

お父さんからの報告でした。

なかでもひとりいつもさりげなく優しくしてくれる子がいる。誰かに褒められるためとかでなく うちの子のことを不思議できにしてくれてるような雰囲気。

 

いぜん、いつもあそんでくれてありがとう といったら

変な顔をしていた。

え、ほめられるためにしてたわけやないのになという感じの信号に受け取った。よそよそしくて、戸惑ってる。

それ以降 挨拶したり フレンドシップな言葉がけだけになった私だ。

お礼を言うなんてよく考えたらおかしいな。

 

するとちょいちょいいろんな話も私にしてくれるようになって来た。

 

ふーん。人と人は対等というか・・・対等でないこともありつつの対等というか・・・深い。

 

 

お父さんもその子のことが不思議だったみたい。

 

ああ、あのこねえ。いい風吹いてるよね。どんな大人になるんだろう。素敵な男の子だよね。

 

でも最初は息子に一番ビビっていた。

なにをしでかすかわからない。。。というかんじでした。

しかし へんだけど、だいじょうぶ。わたしいるし。といって誤魔化してるうちに、ああこんなふうになるのか。こんなときはこうか。こやってあそんでみようか。とかわってきてくれた。

 

最初のその子の反応 直 に私は結構傷ついた。感傷的になった。
ヒロインになった。今思えば馬鹿みたいだ・・・そんな重大に考えなくていい。知らないことに対して人は用心してるのは野生で本能で、賢くて普通のことだ。

むしろほいほい入って来る方の人の方が変わり者に違いない。私の生活たいがい、変わり者にたすけられていて、もののけ万歳っす。だいすき、もののけ人。

 

その後、彼には、きがつけば、なんか助けてもらうことばかりになっていた。

近所の子たちが集まって学習する日@学校。むすこのモンスター感が強い中、みんななんだかなになって、異形ですなの空気。まあふつうそうよね。。。

でもその子は、うちの子のこと えたえがしれないーから、わからんこともあるけどわかることもある。みたいになっていたので、フレンドリーにしてくれた。まわりが緊張すれば余計にかかわるというか、つんつんしたり抱っこしたり。ただ見守る視線くれたり。

 

 

ある日、息子とボールしていたら彼が帰って来た。足元にランドセルをおいて、どうせお母さん仕事で遅いし・・・お姉ちゃん部活で遅いし・・・と聞いてもいないのに言い訳。

一応私は大人だから大人らしく

カバン家に置いてから遊びなさいとか言われてしまうことを想定したのかな?礼儀正しい子だ。

 

私は言わない。何も言わない。だって家の前だし・・・家から離れたところだったら大人としてでなく人として、どうしたんみたいになる自然に。

 

しらないふり。

私は色々悩んでいたけど、だんだんと自分で突破口に近づき、悩みが消えた。

大人らしくふるまうのをやめた。そうしようと決めた。

その方が自分が楽だからそうすることにした。導く人にならねばならんのではないかと思ったり悩んで考えあぐねたけど、人と人として接することに決めた。対等に決めた。

 

しばらくあそんでくれる。というか彼も息子を使ってサッカーの中抜きをやる。わけわからん関わり方をして来る息子をぬくのも、自分の能力を生かした遊び。

いいね。

中抜きの途中で、ボールをわざと木の上にあげてどうやって息子が取るのかを見守る彼。枝を使ったりしてとると、レベル上がった!とやるやんと褒める。

とちゅうなんだか不思議な顔のようなのを作ってある地面に気がつき、いじろうとした息子に、あっと息を飲む。ダメは言いたくないけどでも。。。

あ、これ、近所くんちゃんの大事なやつかもやで。さわらんとこ。といってやめさせる。

 

(普通はこの雰囲気のものは、なんだろうと思っても、触っちゃいけなく思っていじらない子が多いと思う。悪気がないのだろうけども、こういう反応をするのがうちの子は特徴でちょっと困ることではあるね・・・。ふつうでない。単純にそう思う。)

 

すると これ かぶとの墓やねん。

かぶと 近所くんちゃんもすきなんだ。というと、ある日死んでるのをみつけてん。体がバラバラになっててそこにあってん。だからうめたんだ。

そして落ちてるものを集めてつくってん。確かにかぶとをもしたみたいにも見えた。

ビー玉が二つ埋めてある以外は落ちてるもので作った。ビー玉は家から持ってきたんだとのこと。なんとプリミティブな感じなんだろう・・・不思議だ。。。

透き通った石がたまに落ちてるのを見つけたら、それはお供えしてるんだ。という。

この辺によく落ちてるよ。というから一緒に探すとあった。これ???あったよ!というと、そうそう。という。

じゃあ私も供えるわ。といって供えて両手を合わせた。

おもしろいね。こどもさんてさ。。。文化的。わーお。

 

さてまた中抜きしてあそびはつづく・・・

 

だんだん悔しくなって来る息子。。。

ボールを溝にわざと蹴ったり投げる。

そうすると濡れたボールを拾い何回も拾い息子の名前を濡れた水分で塀に書いてくれる。ははは。おもろい。

 

そのうちだんだんもっと悔しくなる息子・・・

服を引っ張り出す。

でも彼はこういうことして来る選手いるよなー!!!と言いながらこれもモチベーションにする

そのうちわざと当たったふりをして転がる息子・・・

なんか知らんがインザーキ思い出すお母さん。なんか俳優みたいに、エモーショナルな演技みたいなだった記憶で・・・

でも彼はこういう選手もいるよね。。。と言いつつ心配なのかボールで体をトントンとして おーい!むすこ(ファーストネームフルネーム)と声をかけてくれる。

 

そろそろかなとおもったので、おやつ食べに帰るかい??ってきいたら、かえるーっていったからばいばい!と彼とは別れた。

 

やさしいよ・・・

彼だって、みんなとあそぶ真剣勝負のプライオリティが高い、普通の子だ。
しかしながら、ちょこちょこ相手してくれるのはなんだろう。人に褒められたいとかでなくって、ほっとけないというのか、そういうのはなんかいいね。

 

いろんな人との形があるんだね。子供さんってそういう子が思いのほかに多いのに気がついた。ここちいい。

 

じゃあなんでいじめとかそういうの起こるんだろう。大人もあるけど。人間だからなのかもしれないけど・・・

 

答えないけど、彼とかといると平和で、なんか、なんで争いがあるのかな戦争があるのかなとか莫大なとこまで飛んでいけるぐらい、幸せなんだね。

 

ああ、でも息子はあまりにみんなより、できることが少ないからもう別格なのかもしれない。

拮抗してる場だと、やっぱり 自分が優位に立ちたいとか出て来るんだろうなあ。。。

 

 

でもあえて、息子みたいなのをスケープゴードにストレスはらす人もたぶんでて来るとは思うから・・・おかあさん、そこにはアンテナ張って近寄らずしたいねえ。

 

 

 

ちなみに この 中抜き遊びの時に

くやしくなってきて、ボールを明後日に投げたり、服を引っ張ったり、わざとファールを装って倒れたりとかあってとか話を馬のセラピストさんにしてたら、すごくいいやないですか!!!と言われたのについて

え?なんで?とききたかったのに、息子のことでドタバタして忘れていた。

きかなまた。なんやねんその反応???

特に服を引っ張ったというところに目を向いて反応してはったよ!うんうん!イエス!みたいな。なんだそりゃ。

 

 

だいたい、なんやねんと親が思ったことについて、いいですね。といわれるので

でたな、いいですね商法! 出たな 妖怪 いいですね! と私はツッコミを入れている。
騙されてるのかなあ。なんだこの営業トーク。とかいうギャグも夫婦で馬の後よく喋る。ぜんぶいいですねやーん!ってわらってしまう。

でもきっと彼の話は理由があるねんなーこれが真実かはさておき、おもしろい意義とか着眼点を持ってて。興味深い。

どんな風景を彼がみてるのだろうか頭をのぞいてみたい。興味深い。

 

広告を非表示にする

ことば 7.00ver.

きのう、デイサービスから帰ったら、たまにボールで遊んでくれる男の子が見えた。ボールする と彼を見つめながら家にボールを取りに行こうとする。

 

けどもなんか彼は今は自分のしたいことしたいなという空気を発してるのように見えた。

 

彼ちゃん遊んでくれるかな?遊んでくれるかはわからないよ。とつたえてはみたが、
ポジティブになるように声かけして見る。朗らかに。

 

息子は今一度、彼の方向を見た後、どういうきっかけの判断したのか しゃぼんだまする と言いました。

 

いいよー

とりかえろう。といったら。

いいよー やったあ といいます。

 

 

シャボン玉をしていたら 見えない近所でワイワイした雰囲気がします。

その雰囲気に息子も気がついていたけど・・・

暗黙の了解かな。息子は行けないんだなって思ってるのか???
興味がないのか???シャボン玉をしながらたまに聞こえるみんなの声に、なんか意識がうつっても、そんな寂しいとかいう感じでもありません。

住み分けのような・・・

 

たまにひとり誰かかれかふらっと、シャボン玉のところにピットインしにきます。

 

息子ちゃん好きやなーシャボン玉たのしんで。

とか

ちょっとやらして とか。

 

そして去っていきます。

 

 

なにしてるん?あっちで?とわたしがきくと、ドッチで、みずてっぽうも絡めたドッチ。と言われて笑ってしまった。

すごい運動量が多い遊びそで、感服。

 

所詮外でゲームみたいなのしても 運動もしたいので、 ゲームに没入することがないのが近所の子たちを見ていてわかった。

 

眺めていると、自分の思うことを描いて動くとか、考えたルールでうごいてみるとか、競うとか、知性のあることも織り交ぜながら、動くことが好きだし、小さい頃はそれを磨こうとするのが本能なんだ。とおもう。

かっこいい年頃だ。

 

 

むすこさんですら、自分のクリエイトに忙しい。自分にできることなりで、そんな姿勢の時代。

シャボン玉をしながら自分の思う動きをしている。

飛びながら回ったり、どうかがむ どうまわる 無意識にいろんなやり方を試している。タイミングを合わす。狙う。

 

f:id:snoopyoko:20180220093921p:plain

シャボン玉を作るときも 液の量でしならせ方が変わる(振るタイプのシャボン玉作るもの)輪っかを吹く時の力の調節もある。あらゆる感覚の統合があそびのなかにはある。

そして色々試す。真剣だ。工夫している。

うちのこは身体的工夫が中心で、仲間との工夫という時代が来るのかは未知数だ・・・

ともだち、将来できたら嬉しいなあ。好きな活動と、ちょっとのお金と友達がいれば・・・たのしいことはたくさんだ。と、おばさんは思う。

どんな成長をするのか、見守りたいし、人に対してポジティブな意識を持ってほしい。

 

 

みんなそれぞれ、自分の工夫して遊んでいる。大事な時間だねえ。。。キラキラ時間。

そのなかにまた、時間が来たら帰るとか自分の自律とかマネージメントのこと、人と遊べる子だと、友達どおしのやりとりでの人間に揉まれる経験とか入ってる。

わーキラキラ!

 

学校でただ遊ぶ日とかあってもたぶんいいのかなとか呑気に思う。

やることがいっぱいだし、たくさんの子の群れを率いるのに効率いい方法とかで、なんだかよくわかんないムードやルールはあったりするね・・・

安全面とかも見なきゃ行けない人がいるところだと自然の遊びにならないわな。

自分で安全を見計らうみたいな経験をするのは放課後だいじなことだね。放課後増えたらいいのか。わたしの見方だと・・・ふふふ。宿題がなかったらいいのかな。

ふふふ。規定外の子供を育ててる人が言うのだから門外漢だけど。。。みんないい遊びをしているように見えるからつい。。。

 

 

さて、息子の遊び。だんだん液がなくなってきた。

 

わたしがシャボン玉作る担当の時、

もう出なくなって来た 膨らまなくなって来たね。すぐはじけるようになった。

むずかしいなあ。っていった時に

 

どれどれみしてー と言われ、ちかづいてきて、液のトレイを覗きながら、ちょっと考え、わたしから道具を手に取り、やり方を3度試した。

 

すごいびっくりした。

 

人が言ってくれることばで状況にあうことを覚えてるんだね。

うちの子の経験で覚えたフレーズで実に自然。

 

 

ふーん。。。

無礼なうちの子だけど今の所、嘘が本当にないので・・・

 

じぶんがそのときやらないことは、無視してることがおおい。
やりたいことなら急いで支度する。

 

夫は、これだと病気にはならない生き方だなあ。無理してお愛想ではやらないし、笑顔で返したりしないし・・・嫌だと思われてもそこをどう思うかは疎いといえば疎いけど、自分を貫く。ある意味トラブルにならない生き方だしややこしくならない簡潔な生き方だね。と、息子を羨望するかんじでした。

 

でもこれがもし、承認というゾーンに息子が突入したらどうなるんだろう。

でもそれって友達という話のゾーンでもあるよな気がする・・・また馬のセラピストさんとはなしてみたいなとおもった。

 

広告を非表示にする

学級閉鎖

学級閉鎖の前の日。

息子のクラスの人たちはしょんぼりしていた。一年生ってそんなものだろうか・・・

 

担任の先生の太ももにまとわりつく女子3人。一人はしがみついていて剥がすのに苦労するぐらい。

ここで別れたら、がっこうがもうない!とかいうてはる。

 

せんせい優しく振り切って またあえるからーもうおかえんなさいな。

 

といってた。その顔は笑顔。優しい笑顔でした。横に立ってて微笑ましく。こんな風に生徒が慕ってくれたら、先生冥利につきるよなあっておもってしまった。

 

 

別の女子 がっこうは面倒臭いけどないのは嫌だ。

だってさみしいやん。つまんないよ・・・

といってきた。

 

そうか。

そうか。

 

いつぐらいの歳から 学級閉鎖フォー!!!ってなるんだろうかね。

やほーで勧められていたツイートを見て、吹いてしまった。気持ち踊るこの躍動感ある文字よ・・・

 

 

普通の子育てしたいなと思う瞬間です。うらやましい😀

 

一年生の人たちは 自分は病気でないから外で遊んでいいんでしょ?と私がいっても、なにゆうてるのだ、せんせいは家にいなさいといっていたのだから。と呆れられる。

 

窓から手を振ってくれるけど出て来ない。

 

えらいなあ。大体何年生ぐらいから、自分で判断したりするのかな。

 

 

きのう久々に出会った子たちはいつもに増して私に微笑みかけ近づいてくる。

久しぶりに見るなこのおばさんもーという愛着なのかな。ふしぎな親和性の空気感。人懐っこい空気にびっくりした。

そして友達どおし、帰るときもじゃれあいほたえ合う。なんというか子犬の戯れのようで。。。邪のない可愛らしい姿。みてると幸せになるわ。

 

1年生、おもしろい。

まいにち、旅行に来たみたい。そんなかんじです。

うちの子規格外の一年生やけど・・・みんなの様子を見て、ああ一年生ってこんななんだ。ピュアなところと、悪気なく直接の反応のところと。いい塩梅で、神秘的だ私にとっては。

 

一年生のお母さんたちのほっこりエピソードをきいたらだいぶんあったか気持ちになりそうな気がする・・・

激怒エピソードさえ私には羨ましいことになるだろね。。。。

 

今だけの味わいを大事に、次は次の味わいがあるのだろうけど、今の面白いを楽しんでほしいなみんなの母さんたちやー。

 

 

学校も昨日は久々にテレビ朝礼でなく、全体朝礼だった。

みんな集まってもまあええだろう。という判断かなと勝手に想像。

風邪が流行ってる時は学校も色々と工夫してくれてる感じがする。学級閉鎖も裁量だとおもうので、あまり好評をしない人もいそうだけどあえてそうするのは、真摯な対応のように思う。

先生も別に楽できるわけでなく、後で補講する場合もあるし春休み。

 

元気そうな顔が見えて、ほっとしましたね。。。

 

広告を非表示にする

俺的かんしんくうかん

これかんしん。。。

 

 

ヒップホップもいろんな面が出てくるムーブメントでいいですね!

 

 

チベたんのヒップホップあるのびっくりした。

 

リンクみーやんZZさんのはってはった記事

 

モーリー・ロバートソン)そう。いまもって沖縄語……「Okinawan」っていう風に英語では言われてますけども。その琉球語を普通に日常生活で使っている。で、たまに里帰りをして、沖縄に残った妹さんと再会して、2人で琉球語の演劇を見に行ったら、妹さんは標準語に染まっちゃっていて何も意味がわからないけど、自分は全部わかったという。

 

すごいね。

ほんまに、なにいってるかわかんない。みたいなひとが、ちょっと前に行った時いっぱいいたのよほんとよ。八重山

 

いまもいるのかな。こないだいったときそこまでのことはなく、おにぎりあっためますかにびっくりしたのぐらいだったよなきがするさー

広告を非表示にする

うま46

きょうのうま、ついた瞬間、セラピストさんに

 

おめでとう プレゼント はいどうぞー

と、手ではこのようなものをこさえた格好(蕾みたいな手)でわたしていまして。エアープレゼントありがとな。といわれとりました。

 

前の日、市の感覚運動教室が最後で、おにいさんたちにプレゼントを渡したのですが、そのことがあったからかもしれません。

おにいさんたちには おたんじょびおめでと はいプレゼント といってわたしてました。誕生日ってことは知識おぼろげだけどもね。いいのかないまは。と思いました。

概念は正解してないけど、プレゼントといえば誕生日 なのかもしれません。

 

よくしてくれてる人にプレゼントを渡した。

 

次の日に違う人にもプレゼントを模した形を渡した。

 

ふーん。つながりがないとは言い切れない感じがしました。

 

 

 

速攻トランポリンへ。

今日一緒にやるお兄ちゃんとは2回目かと思います。

すごいちゃんとした男の子。リーダーシップとか導くような考えはあまりない感じのソフトな子の印象ですが、その子に息子を誘うように仕向けるセラピストさん。

 

彼にとって導いたり圧をだすのはあまりしたくないことなので、苦戦します。

 

でも、素直です。セラピストさんの進言を胸にアプローチ頑張ってくれました。

彼のためになるからそうしてくれてると思って親も甘えればいいのかもと思って見守りました(見守るの下手やけど、迷惑やないかな彼にとかまたいいながら見てたけど。)

 

前回今回ヘルメットがかぶれました。よかった。

安全を請け負う人を思うとこれまで、心苦しいばかりでした。でも感覚の処理の問題もあるのでそこを待ってもらってきていた感じです。

 

またぬいじゃうかもしれないけど。。。

次もかぶってほしいな、そういうことができたら、何かに触れる機会は増えるからね。それなら面倒見ていいよって人が出てくるかもしれないからね。

 

 

今日は気持ちを立て直すまでの行為として、事務室ににげるがありました。事務員さんと、一緒にやった子のお母さんと一緒に過ごしてました。

わたしはどうしよう、事務員さんとおかあさんに迷惑がかかる。と、部屋に入ったほうがいいのかセラピストさんに聞いたらほっておいてください。ってことでした。

 

おろおろしてたけど、ほっておくことにしました。ほっとき下手やけどね。

 

だいぶたって事務員さんが部屋にいなく、お母さんだけの部屋に息子がいたのに気がついて、迎えに行きました。ごめんなさいと。そして部屋から出したのですが、のびのびとすごしていたようです。

ちょいちょい窓から確認してたセラピストさんによると落書きして遊んでいますとの報告でした。

珍しい行為です。書くのは苦手だからしません。描くのも同様。

部屋に迎えにいったら、ポスターにいたずらしてたのがわかりました。

ホースセラピーのイベントのポスターでした。講演する人の顔の上にたくさん落書きがしてあり、ひええっっておもいました。

 

あかんやーん!もう。

 

今日になってこんな酷いことしたと友達に伝えたら、よくみたら 顔と 日付のとこ、馬のイラストしか落書きしてないし、日付の数字を上からなぞったりしてるよ。と教えてくれました。

よく見たらそうとも見える。

その部分に関心があったってことやん。とポジティブな友達。

親にとって悪い行動で顔が青ざめても、他人様の観察力だとこんな感じで何かの意義をみいだしてくれます。

ふーん。カリカリしてはいかんな。ほんま。でも顔に落書きはあかんからな。へい。

 

事務室に入ったことについては、逃げ場がまた増えたなと思いました。自分の中であそこはバリアフリーってなったのね。自分次第なんすよよかったまた楽な場所増えて。

 

事務室はあったかいしね。灯油のストーブがあってあったかいです。

 

そして牧場の人にはじぶんから一緒にいるようなそぶりが増えました。関係性ができてきてるんですね。人にたいしてもバリアフリーなりつつやね。いいね。

 

牧場に来ている親御さんで顔を覚えた人もいます。

先週、お子さんが靴下をトランポリンに置きっぱだったのですが、飛んでる時に邪魔になったのか、その靴下を手に取りました。
次に、投げたらどうしようとおもって焦って身を乗り出した時に、靴下の持ち主のお母さんが、ふつうに、あ。それちょうだい。って手を出さはりました。思えばそのお母さん、運動会の時とかもかまってくれとりましたな息子に。

すると、はいどうぞ と靴下を渡したんです。どうってことないことに普通の子だと思えることだけど、わたしはびっくりしました。。。ええええ。と。それが実に自然だったので。。。お互いに普通の空気。目線仕草。ふつう。

 

台車を使って仕事をしてるお兄さんをつかまえ台車に乗せてとお願いしたり、すみっこににげて様子を伺うとまた別の感じになってきて、うちの子の牧場暮らしみたいなのがでてきてます。

 

トランポリンで出会う子とも、空気感で一緒に入れるようになって来ました。ことばがツールとしてでない単純な意思の発動のためのものだから、言葉以外の不思議な感じで交換してますが。

この男の子とはいい感じの空気でいれるな。って思った子の時はまた違う空気で一緒にいます。へー。。。言葉じゃない社会性。あるんだねこんな形が。ふーん。

 

 

いやすい場所にだんだんと深まって来ています。

 

 

さて、馬。

馬と息子というところは いまは 乗る にあるようで、おせわはまばらにありますが、いわれてやっとこさね。

先週は くさをすこしあげ、裏彫りを丁寧にした。引き馬で連れて行けた。そこがよかったけどそれは一瞬で大体逃避してました。

今週は ツリーハウスに逃げたりブランコに逃げたり・・・トランポリンに逃げようとして進んだけど、おかあさんもこない、セラピストさんも来ない・・・すごすごもどってきた。お兄さんが水を運んでた台車に乗せてもらったり、薪ストーブにいた親子さんにかまってもらったり、注目を得たいのか気持ちをわかってほしいのか、ストーブ用のトングとうちわ投げたり、チャッカマンをいろったり。でもそれでもみんな適当にしか構ってくれない。だって僕は今馬のお世話をする時間とみんなの空気が言ってるんだもの。で、おもいついたのが事務室だったようだ。

ずっと、事務室にいて、お母さんが誘った時が乗るまえだったので、ちょうどよかったらしい息子にとっては。

乗る時間には前向き。つれていくのはお兄ちゃんにサポートされながらの引き馬。

 

今はわるいことをいっぱいしながら気持ちを立て直すのが多い。

やらないとあかん圧力を感じながら、そやって進む。先週は犬の水を倒したり・・・

 

 

 

でも立て直すが、どのようにあるかの変化を見守るのが今は大事だよといわれる。

 

 

 

しかしわたしんち 悪の行動すごいの 性格やないかな?ずっとつづくんやないかなとおもう。

 

といったらセラピストさんもお兄ちゃんのお母さんも笑い出す。

 

はははっは。

うちの子もすごい悪いことしてて嫌だったよ。。。

え?悪いことしてたように見えない。

そういうときがあったよ。どんだけ悪事を思いつくんだろうって感じの時あったよ。ひとりっこだしねえ。とお母さん。

ふーん・・・(まあうちほど悪くはなかっただろうと思うが)

 

セラピストさんもいまはあれでいいんです。

そのつぎに 認められたいな承認されたいなってなった時に結構いうことを聞いてくれるけどその時が注意ですよ。。。

といわれた。ゆうこと聞く日くるん?そんな親に気を使う時くるん?へ?

 

なんのこっちゃかなとおもいます。いまは。でも忘れたくないから書いておこう。

 

うちの子は違ってた。ほんまもんの、ばいきんまん野郎でした。ってなってもまあいいか。
そういう風に見てくれる人の中に揉まれてて私は気楽だ。

 

 

乗るのはとても途中速足になったぐらいの、速足混ざりの引き馬乗馬。

乗り終わったら、お兄ちゃんと交代ができた。

お兄ちゃんが乗ってる間はトランポリン。セラピストさんもきてくれた。

 

お兄ちゃんが乗っていたのは最初は紐が繋がって真ん中にセラピストさんがいて、紐でフェーズを伝えてるかの状態で乗馬していた。途中から紐がない状態で駆け足で乗馬してた。カッコよかった。真ん中にお兄さんはいた。ひもはないけど見えないフェーズがあるのかは知らない。馬の世界は深い。

 

その間セラピストさんはトランポリンで、飛び方の真似っこというより、息子の動きに抵抗を入れる遊びをしていたけどこれもきっと体づくりでいることだと判断してくれたのだろうね。作業の先生も最近それをすごいしてくれてる。

セラピストさんは、そゆとこがすごい人や。親には見えないところがあるんだろうねえ。。。

 

お兄ちゃんは結構駆け足で乗っていたので、終わったら水をあげた。馬は喉が渇いたのか、ゴクリと飲んだ。
いつか息子くんも、水のまなあかんぐらいの活動を馬とできたらなとまた欲が出てしまった。いいかんじにみえたもんだって。

 

返す時にお兄ちゃんが、返すのはこの子にさせてやらなあかんとおもってくれたので、チラチラ息子を見て悩んでる。

決めかねてセラピストさんにうま、返していいですか?あの子誘ったほうがいいかなと聞く。

さそってよ。ほんで一緒にいったげて。

その一言のみ。

自分がやったほうが早いのに、連れて帰るような空気をくれ、なんとか返すことになり。いっしょにかえしにいった。

あゆみの途中で、あ、ひもはなしたりするかもやからみてね。といった。

とんでもねえこのアテンドだな、すんまへん。

二人で返してそこでおわった。挨拶はした。

おわってすぐトランポリンに行った。

 

お兄ちゃんにありがとういったの?ちゃんといっといで。といったらはしってありがとだけ顔も見ずいって できたもんと戻ってきた息子よ・・・ガンバ! 

 

そもそも、こんなにトランポリンするようになったのはなぜかな??とおもったけど

個別面談の時以来少しずつ精度を上げていったのに気がついた。あの時1時間ぐらいトランポリンしてもらった。

帰り道魔法みたいなことが起こった。

あの ドンして ってお願いしたところから始まって、それ以来だなとおもいだした。
少しずつトランポリンの腕を上げてきた感じです。

 

 

いい日だった。

 

 

お父さんと終わった後にトランポリンを楽しむ息子。

ままーのるーと。私が次に呼ばれる。

セラピストさんがするのをしてほしいそうだ。 びょんびょんぎゅー!といわれた。

むずかしい。あるタイミングで息子と飛ぶタイミングを合わせて宙に浮いた息子をキャッチするのをたまにしてくれるのね。

息子も期待してるそれね。で、これはなんかタイミングがあるんだよみたいなはなしを何回か前にしてもらったんだけど・・・

 

おなじのできんかった。とてもむり。

60点ぐらいの出来でグダグダだけど抱っこ何回めかなんとかできたら、むすこはおっけー!おーしーまい!おうちかえる。

と終わってくれた。

 

私の技量ではこんぐらいねとオッケーもらいました!

こういうところ、なんかわかってるやんとおもいました。

広告を非表示にする

読んで驚愕


めっさかっこいい!こんな19歳・・・

 

嫌なものは自分が知らないからこそ嫌なのであって、それを良い方向で吸収することは可能なのかなと考えるようになりました。そう変換できるようになってから、スノーボードでも自分の生活でも、嫌なことに向き合って、嫌な練習に向き合っていけるようになったのかなと。

 自分のやったことのないことでも手を出してみること。そして、そういう嫌な感覚に慣れてみること。人と話すうえでも、スノーボードでも生活でも、すべてを共有させることで、自分自身がもっと大きい土台で成長できればなと思っていました。この4年間でちょっとずつそういう変化があって、自分の考えのベースがだいぶ大きく変わったのかなと思います。

嫌な練習をがんばれる・・・ほう。。。かっけえ。

 

嫌なのは自分が知らないから。。。 うん。うん。そうなのかもしれないこんな次元で生きたことはないから・・・含蓄が深くて・・・

引き込まれる言葉だった・・・

 

嫌なこともなんかやるきがでることなんて、ない。いままで。

怠けものやから、いややなおもたらやめてる。だいたい。

いま子育てでやっとでた次元すよ。逃げれんせいもあるか^ - ^。

いままでなかったよーいきてて。フアフアいきてただけ。いままで。情熱みつからずよ。わたし。

かっこいい19さいなのに!

 

スノーボードじゃなくてもいいんです。子どもも大人もおじさんでも、みんな安定した生活より夢を持ってもらいたいと思っています。そういうところに自分は刺激を送りたい。そのことで日本人の力を最大限大きくできればいいですね。

 おばさんも響くこの言葉・・・

 

めっちゃ痺れてしまった。滑ってるのをもっとみたくなってしまうね。

めちゃ男前。。。

 

見た目も男前。こころも男前。

 

どないやねん!!!!平野さん・・・かっこいいなあ・・・

昨日も主婦どうしで、おばさんどうしで、このお方男前すぎ、なんだろうねえ。素敵な男の子ねえ。なんでしょね。なんでよねえ。としばしはなしてしまいました。

見た目も洒落てるのにねえ。なんだー

かっこよすぎるとかずっとはなす。ははは!おかしい。

 

 

派手派手な感じのショーンさんも好きやで。

きっと練習ストイックなはずやで。

 

 

オリンピック始まった時はなんか政治っぽくてなんだかついてけない感じがしてたのだけど・・・違う次元のことにきがつかされて、ハッとしたわー。

 

そうそう どう生きるか。どんな自分をやるのか。

ほんと日々それだけなのだった!ああ!眩しい。

 

 

おとうさん。。。かっこいい。

サーフィンが好きなんだね。自然と横ノリのあそびになったんだね。。。
おされなおとうさんだなあ。

 

主婦同士親としてどんな風に子供といたらあんな子になるんだろうねみたいな話をしたりもした。でもこれ読んだらこの親にしてこの子ありとか言いたくもなるわ。

 

いつしか息子たちを全力で応援していくと決めた。16年前、歩夢が3歳ぐらいの頃。日本海スケートパークを造った。東京に行かないと練習施設がない時代。村上市の老朽化していた体育館を借り、改修をした。天井は壊れ、電気もろくにつかない。800万円の借金をした。開いたけど、最初は不良が集まる場みたいな感じ。裏から入って、出ていくような人たちばかりだった。1日500円なのだけど…。最初はよく怒鳴って、追いかけ回していた。

 すべてが手探りな状況。運転手の仕事や、夜は居酒屋を開いたりしたが、お金には余裕がなかった。息子たちと練習で県外へ行っても、交通費と宿泊費を浮かせるため、1週間は車の中で生活したりしていた。息子たちのビデオを撮るにも、私のリフト代はもったいないから、歩いて雪山を登った。そんなハングリーな生活を積み重ねて、歩夢は中学生の頃から結果を出し、マネジメントも付いて、海外で戦うようになった。だけど歩夢には「頑張れ」という言葉は、小さい頃からかけたことはない。そんな声をかけたら「言われなくても、分かっている」と返されるだろう。

 スケートボードスノーボードも遊びから入り、スポーツになった。道徳や礼儀などスポーツ的に早熟なイメージがあるかもしれない。だからこそ、次世代へつなげるためにも歩夢には幅広くいろんな人と出会うことで、人間的部分も成長して欲しい。(父英功)

 

おとうさんね、すごいインディペンデントね。

背中見えてたんだろうなあ。。。

なんかにてるもの。言葉でない次元の姿勢、アティテュードというか・・・

 

でも言葉もかっこいいね。ははは。

 

お母さんも素敵なんだろうね。。。

家のご飯食べたいとかいう子、すてき。

広告を非表示にする

この3日。

交流級のみんながいない中この3日いろんな面が見えたはなしをきかせてもらった日々でした。

連絡帳は夢のような時間のように思えることがたくさん書いてありました。

キラキラとした時間でした。

将来のことを思うと真っ暗闇だけど今週はキラキラしてる。それが本音です。はは。まだそんな次元で生きてる。いみないのに真っ暗になる。今真っ暗になったってなんも解決しないのに。

 

きょうは仲良しの先輩の学年で一緒に給食を食べたらしく、上級生達にかわいがってもらったようです。きにかけてもらったというのかそんなかんじ。

ありがたい世界です。

仲良しの先輩も、うちのこは手先が不器用ゆえに食べるのが遅くなって来るのですが、そこはフォローしてくれたらしく、あーんもしてあげたよとのこと。

自分でやる時間が一番大事なんだけど、時間に追われてるからここってところを頑張るにフォーカスしてると思う。先生をそのへんは信頼できます。

このクラスのみんなが仲良しのクラスの掃除をしてくれるらしく、色々とお掃除の仕方を教えてくれてるみたいです。息子に。

子供の教える圧って、大人が教えるよりさり気なかったり 鋭かったり にみえる。息子にとりしんどくない。なんかうまくいえんが抑圧ってのと違うよな風格がある。
馬のところでも結局子供ってすごいな。って思うことが多い。 

なんか大人って何?となることがあるわたしだ。

 

帰りに、チューリップに珍しく水をやるという。いつも誘っても断られるのだけど。

自分のチューリップに自分のペットボトルジョウロでお水をあげる。

 

そしてきがついた。かあさん。

ああみんな休みだからみんなの鉢にもあげよう。というと通じた。

見たら大きなジョウロを発見。それに二人で水を汲む。

 

いろんな作業が下手だから母さんがほとんどやったようなもんだけど、目線仕草、わかってる。最後7鉢水が足らなくなった時、のこりをゆびさして あげたいんだけど!!の空気出して来た。

そしてもう一回ジョウロに水を汲んで残りの鉢にあげた後、息子ちゃんの!と言われました。最初に自分の分だけ、ペットボトルのジョウロを使ってお水をあげたから私はあげなくていいと思ってたけど、みんなと同じように僕のもジョウロでかけたいとのことで、かけてもらったです。

 

いいですね。なんかいい空気でした。言葉は少ないけど、思いがたくさん感じる空気を出してました。よかったです。息子なりにクラスの仲間と何かつながりをもってるのかもしれないと感じました。素敵です。

 

新しい自分の靴を濡らしてしまって焦ってはったけど・・・

f:id:snoopyoko:20180219134151p:plain

ちょっとだけどこれは普段なら耐えれないかんじ。。。

それもきになるのに流す努力して我慢しました。えらかったですね。自分のしたいことをして濡れたんだもの。なんかそういう気構えの空気です。なんかうれしいわ。その雰囲気。おかあさんやっぱり、ひとのためになってほしいのか。とおもっちゃった。ふふ。エゴ。

 

 

朝、新しい靴を履くという。

そして自分の新しい青い靴を履いた後、ママ ピンクのくつ はく!と言われた。

f:id:snoopyoko:20180219134010p:plain

へやにもってくなやあ・・・

一緒にバーゲンで買ったやつね。はいはい。はきましょう。なんか一緒におニューが嬉しかったのか真意はわかりませんが、思いから言葉がなんか紡げたということに感動しました。

すこしずつそういうつながりがでています。ことばだけでなく 目線仕草 ここ重要です。

わたしといっしょにあたらしいくつで歩こう。ってなったその思いみたいなのってうれしいことだ。なんだろう。幸せだね、わたしなあ。

 

普通の成長の軌跡を辿ってくれるとは思えませんが、普通風味も加味されながら俺の道、すすんでおります。

 

がっこう、デイサービス、今年は親のいないところでの成長みたいなのをひとしおに感じて嬉しかったです。

外での僕。

そして学校でも 自分のクラスとか自分の担任の先生にさらけ出す僕と、よそのクラスで借りた猫の僕があったり・・・

この先生とあの先生 あのボラさんと このボラさんで わがままを抑えたり出したりしてますよときいたり・・・

多分デイサービスでもあるでしょう。

 

去年の今頃は、発達の感じだと、もう1年ぐらい園の生活があってると思ってたけども、学校は息子に合わせて指導の場所だったから・・・拍子抜け。気楽になりました。

 

今日は勉強したくないアピールをあわよくばして、先生にわざと冷たくされたそうです。それなら先生相手しないよ!ってなって、先生は仲良しの先輩と淡々と勉強を始めました。すると本当に自分は置き去りにされた、先生に構ってもらえなくなったと感じたらしく突然号泣したらしく先生もびっくりしたそうです。

先生との関係も深まってるんだねえ、ふふふ。

迎えに行ったら今日は私に冷たくされたから、泣いちゃったですごめんなさいと言われたけど、いやいやいやいや。いいねえ。なんか!

先生ほんとにありがとう。

先生を大事に思ってるのならば・・・ふだんそっけないのはなんなのよ。

しかし先生がびっくりするぐらい息子の中では大きな存在だったんだねえ。ふふふ。親としては安心です。

うれしいです。何考えてるんかわからん、挨拶もろくにしない。目線も合わない。

でも思いはあるんだな。ふふふ。先生もそうかそうかとおもってくれたようだった。よかったねえ泣いて。他の伝え方接し方ができる日が来ることを信じてフォローしていきたいものだ・・・ふふ。

ほんならあんた先生にふだんからかわいくしときゃあいいやん。と笑ってしまった。先生も笑ってた。

 

 

今日はデイサービスのない日でした。ないこと、よくわかっておられます。ない日は、必ず道草。ゆっくりがっこうにいます。

遊具で遊んだりして。ゆったりこ。

家も大好きゆったりこ。

 

広告を非表示にする