sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

訓練士さん

言語訓練の先生5月から始まった先生。

先月、帰り際に、うちの子が学校では勉強というかそちらはたぶんおざなりだろうと心配してくれ、訪問支援ができる旨を教えてくれました。

勉強にも意欲がないわけでないのだけど、どうしていいかわからないし手間がかかるので放置されがちな子がおおいのだとおもう。彼の経験上。

彼がやっているような訓練が日々生活の中にあったら、子供はもっと伸びゆくだろうという思いが切実にあるのだろう。

実際訓練ってしょっちゅう受けれない。数ヶ月に1回とか・・・受けれるようになっても12回受けたら終わりとか・・・

ので訓練士さんの中には、普段にどうやってコツコツと子供の芽生えに水をあげたり肥料をあげるかについて、親を奮起するようなタイプの方がいる。

彼はそう。嬉しい出会いだった。

 

その後・・・

 

学校にはいっているのだけど、去年の勉強の続きをする気配はないし、支援級の担任の先生、困っていたのかなとおもったので、思い切って出しゃばって親が教材を用意してみることにしたら、それをつかってくれることになりました。

(すごいとおもうの。それに甘んじてくれる、親の言うことを聞いてくれること。)きのう言語訓練だったので、先生にそれが今月からはじまった、もう一学期終わるけど。と伝えた。

 

課題のメニューを見せたら、 

なーんや、ちゃんとせんせいやってくれてはる。よかった。僕の訪問支援なくてもええかんじですね。

 

と安心してくれまして、なんかその安心してくれてる本心みたいなのに、心打たれた。本気で言ってたのだなと。

 

 

ただ、お母ちゃんがネタ切れなんですよね。。お母さんが先生にアドバイスをきいちゃうとおもいますよ。と言ったら、

ええ、僕がお役に立てるならば!アドバイスお母さんにしますします。とのことでした。

 

えええ!ええ先生やんかさ!すっごいすき!

 

是非相談して。で、早速、文字と音の教材づくりの話で相談に乗ってもらいました。

そして先生それらのフィードバックも欲しいと。

こちらでもやることをいろいろ補正できます!とのこと。

 

仕事人や。先生ありがとう!!!!

広告を非表示にする

ことば 7.05ver.

最近学校でもデイサービスでも、様々な先生やスタッフさんに言われるのが

 

 

言葉が出ている、前より。

そして会話ができる!やりとりができるー!と言われます。

 

皆さんが褒めてくださるように、息子の成長もあるとおもうけど、皆さんも付き合いが長くなって来て、ちょっとした息子の発信に気がついてくれることがあったり、息子も皆さんとファミリア〜になってきてるのだとおもわれる。

 

わたしがすきなのは、学校についてまず窓から担任の先生がいるのか確認している様子。

 

先生はいない率も高い。いそがしいのよ。

 

息子以外のクラスメイトも先生が大好きだから、それぞれの子のところに送って行ったりとかあります。みんなじぶんでできるけど、できるからとかそういうのでなくて、気持ちの支えなのよ。

ちょっとした声かけとか肩押しで安心するんだとおもう。

やっぱりいつでも愛情はあるのだけど、形 ことばや仕草とか で表しあうことで安心するのだとおもいますのだ。

ひつようですのだー。

 

いないと

 

せんせい いない ない。 と言ってちょっと寂しそう。

 

先生が遠くからおーい!とやってるとき 同じ動作を真似して近づいていく様子もすごく好きです。

ああ、やりとりだなあ。しみじみしちゃう。

 

 

自分の担任の先生以外も、ハグしてくれたり。。。甘えていたね。そのときも。

 

ランドセルを最近は暑いので背負わない(怠け心の重い暑いしんどいとかもあるだろうが、汗の密着した感じが苦手な感覚なのもありそうな気がしているのでした、かあさんは。今の場合。)

以前、運動会の練習の時、一人ちゃんとしてなかった子を、個別呼び出しで、めっちゃ叱ってたのを見たことある怖い先生にあったとき、お母さんがランドセルを持っていたので、ああ、お陀仏。ちゃんと持つよう言われるかなと思いきや・・・

 

その先生、挨拶を目線を下げて丁寧にしてくださり、あら、息子ちゃんランドセルは?ああ、汗の感覚がしんどいのかな?と突然おっしゃった。

びっくりした。

 

それまで、どの先生にも、いつもわらってごまかしていたので。

あれ?ランドセルは。といわれるむすこのよこで、あはははは、家出るときは背負ってたんですがーとか、ごまかしてきた。

いちいち感覚がとか本当かわからない本人しかわからないことを代弁するのもなあ。とおもって。ただ、背負わない。でも学校には行くらしい。でいいのではないだろうかと思い。

 

ああ、すごいなあ。この先生にとってはまず来たことでうちの子はおっけいなんだ。

わたしとしてはうれし。

運動会の時叱られてた上級生はきっと、先生にとりもうちょっと頑張れる子だったんだ。先生の心意気。

 

うちの子とは関係ないけど、支援級の先輩が朝礼とか集会の時体育館の開け放たれた入り口に座ってそこにいるのが、みていていいかんじ。

 

苦手な感覚、雰囲気はあるから中に入って列の中にはいないけど、あれはみんなといる意思なんだとおもうの。

嫌だったら逃げてしまうだろう。

でも彼はずっとそこにいて、多分子供の中に彼なりにいるのだと思うの。

そこでみんなの歌を聴いていた、先輩。

 

うちの子もそうやって自分の居かたをみつけて、できることをやって、子供の近くにいれたら嬉しい。

こどもはこどものなかにいたい。

ひとはひとのなかにいたい。できたら自分にとって心地いい安心する感じでみんなのなかにいたい。そんなものなんじゃないかなとおもう。

 

同じことができなくても、彼はいっしょにいるんだ。と思って今日も彼を見ていた。彼の様子がすごく可愛くて。

とてもいいかんじ。

 

うちの子も苦手だ、朝礼とか集会とか。うちの子は、なかにはいったり、結局いかなかったり、彼と同じ位置で見ていたり、バラバラ。

 

その度に人手がかかるので、先生たちには人の工面で工夫を強いることになってしまう。しかしできるやりかたで、機会は作ってもらっております。
教育を受ける権利をとても大事にしてもらっているなーと思います。

 

そうやって皆さんに機会をもらっているから、少しずつ言葉でもやりとり、あまり深いやり取りではないけども、そういう風に成長できたのかなと思います。

 

 

 

広告を非表示にする

なんかみたい!

このニュースを見ていて、映画見たくなった。余計興味を持った。

7/18(水) 5:53配信

AFP=時事


【AFP=時事】中国映画史上最大の予算を投じ製作されたファンタジー映画『阿修羅(Asura)』が、歴史的な興行不振を記録し、公開初週の週末に上映が打ち切られる事態となった。


 アリババ影業集団(アリババ・ピクチャーズ、Alibaba Pictures)が製作した同作は、チベット仏教の神話に着想を得た壮大な3部作の第1部として、13日に公開された。製作の背景には、伝統的な中国文化を題材とした作品を推奨する中国当局の働き掛けもあった。

 国営メディアは、製作費が7億5000万元(約126億円)だったと報じている。これまで中国で製作された大作映画の大半は、この半分の予算で製作されていた。

 (中略)

 

香港のドル箱スター、レオン・カーフェイ(梁家輝、Tony Leung Ka-fai)やカリーナ・ラウ(劉嘉玲、Carina Lau)を起用した他、「ロード・オブ・ザ・リング(Lord of the Rings)」シリーズの衣装を担当しアカデミー賞(Academy Awards)に輝いたデザイナーのナイラ・ディクソン(Ngila Dickson)といった大物外国人スタッフも参加した。

 それでも、中国で最も影響力の大きいレビューサイト「豆弁(Douban)」での評価は10点満点中わずか3.1点となっている。あるユーザーは、「おぞましい! 単なる糞便の壮大な山だ!」とコメントした。【翻訳編集】 AFPBB News

 

 

単なる糞便の壮大な山!!!すごいコメントー

 

衣装も見たいし。。。俳優さん陣もきになるし・・・糞便にかんじない布陣なのかしらとおもうやんー

話がダメなのかしら。。。

なんかすごい気になってしまった。

チベット仏教の話から着想ってのもなんだか気になるし・・・

 

 

よもやまきになること、ありつつ、忙しく流れて行く日々。

 

 

いつもまにかマキタさんたちもFA完了してー(おめでとうございますです)

W杯は応援していたクロアチア(食らいつく、走り続ける、防ぐ、そしてなんかふあっとした時間に、さささとカウンター。めっちゃかっこいい!)がなんとの決勝だったり・・・
(勝って欲しかった!!!)

 

畑は荒れ放題だけど、観察がたのしいし・・・土地土地特徴があるから、日当たりや湿気具合とか、考えることが多い。

自分の畑ではないところでも、活動させてもらう機会があり、観察と畑の仲間からも習える機会もあって、暑いけどおもしろい。

 

色々とお母さんの暇つぶし活動、enjoyの日々・・・しかし、もうすぐ息子夏休み。

 

お母さんは昼間学校に感謝が深まるの時間到来です。

給食!ああ、給食、ありがとう。
プールもおわる。ああ、プールもありがとう!

プールすごいなとおもった、とってもいい形で授業の中にいた。そして生き生きしていた。学校のプールが始まってから、体の身のこなしがちょっとかわってきた。習うがしにくい息子さん(指示入らず、模倣むずかしい)だけど、みんながせんせい、体の動かしかた、伸ばし方が一緒に行く親子水泳で変化して行く。すごいなとおもった。

ぶくぶくしてみてよーと頼んだら、もぐって泡をたくさん放出してくれた。

ええ!びっくりしちゃったよ。

学校でみる、息子や同じ支援級の仲間たちの雰囲気の良さ・・・なんかしっくりしてるんだよねーありがとう。

 

それが一旦お休みになります。

暑い・・・休むのが身体と心に必要な時期かもぐらいの暑さ。
遊びぐらいだね。隙間の時間にやることは。あとは休憩休憩ぐらいでいい時間。

息子は家がだいすきだし、今日のひらめきもあるだろうなのでデイサービスは週3回のペースのまんま。

 

おかあさんは デイサービスの日にひまつぶしやら食材買い出しやらをするとして、あとは、息子さんの夏休み要員をたのしむとしよう。海もいっぱい誘ってみよう。

 

正直にはもう少しデイサービスの世界に興味を持ってくれたら嬉しいけどね。

いけるようになったしたのしめるようになってきているけど、どっちか選ぶなら家とか家族なんだかなあー特に好きなのはお父さんです。

かあさんはガミガミしてるから。うふふ。 

広告を非表示にする

訓練色々/学校の様子

訓練、先生に思ってることバーン!って言ってギクシャクして、その後数回。結構今軌道に乗ってるみたいです。

よかった。

 

STの先生。若いお姉さん。@睡眠外来の病院。(2−3ヶ月に1)

思ったこと先生に言って バチバチとなった時の記録がこれ。

いうこと言えてよかった。ずっとおもってたもの。彼女も言いたいこと言って来た。

やっぱり前進するための喧嘩というか、意見はいうてもいいなとおもった。

 

実はこれ以降苦言があまりないけど、あまり私も期待せず、ただ通ってるだけの状態でした。私の言ってること褒められるようなことではないし・・・

しかし先生は色々と奮闘してくれていたようで、最近せんせいのしたいことでやってくれてることは

  • 絵の状況を見てお話しする 何かしている動作の絵を見て話す。
    うちのこならジュースを飲んでる人の絵を見ても、 じゅーす のむ ぐらいの単語しか出ないので、もう少し掘り下げる会話。
    ボールを投げてる人とか、そういう絵を見て話す。
  • フラッシュカード 結構名詞の名前覚えてるらしい。やぎのしゃしんをみたら うし!と言ったりもしてるらしいけど、動物範囲だったのでなるほどとおもった。
  • 2音の音聞き取り 文字合わせ

先生の勉強への誘い、導入は パズル のようです。
なるほどのすけ。

先生に対して息子はフレンドシップがある感じです。ありがとう。先生とはバチバチとしたけど、ちゃんと仕事としてサポートをしてくれていて、頭を下げお礼が言いたい。ありがとうございます。

 

OTのせんせい@睡眠外来の病院(1−2ヶ月に1)

とりあえずは お箸持ちの訓練中だね まだ家ではしないように言われてます。結構食らいついてるよ息子さん。訓練ない日もホワイトボードに先生の写真を貼ってるから何か知らんが行く気はある。

結構厳しいねんけどな。タイムアウトしまくりの時期が懐かしい。

親への宿題は③点持ち。ずっとこれやーもう2年これやで。

 

OTのせんせい@大学病院(2か月に1あるかな?)

まだ3かいとかかな。どうもむすこは、楽しくないらしく、机の上に立ったり、作業の用具を全部投げたり、口にわざと入れたり、ありとあらゆるやりかたで離脱表明中。

まあ、なんか空気が嫌なんだろうね。わかるわかる。ちょっとまだ静観しとこう。

 

STのせんせい@訓練併設のデイサービスさん(月2)

去年お世話になったせんせいがやめてしまわれたので、動く訓練が終わった突然に。

計14回ぐらいかな。
ちょっと残念だと思いきや、真逆の座学の先生が来たんだけど、よかったすごい。

すごく短時間で先生と打ち解けたんだな。せんせい、いつも最初マットで圧迫うんどうとかしながら、きょうがっこうどうやったー?給食食べた? とか言ってる。
食べた!って答えたりしてるね。気がつくフレーズには応答している。

なんかそのまったりしたのとこからはじまって、座学 また揺れ活動(揺れ活動をすることによって次に勉強や作業が捗るらしいのだ。私もよくわからんが昔読んだ、療法士さんの本とテンプルさんの本にそう書いてあった、具体的な揺れ数と速さとかも書いてあった。なんかしらんがサイエンスー)揺れ活動からの座学。が定番コース。

また座学でのhearling pointingが復活しています。

 

 

こういうところの様子を日々に生かす情報として学校にドロップするをして来たつもりだけど、なかなか反映しにくくて、学校において、個別学習は、息子についてはなんだかずっと、はさみ切りと点結び書くしかしてないまんま2年生の3ヶ月過ぎた。

 

先生が変わり去年の先生がやってた続きもなさそうで、ああ、一人のマンパワーですすんでたのかときがつかされた。

引き継がれないのがなんか不思議ではあったけど・・・

 

ちょっと出しゃばりなのか悩んだけど、先生どうしてあげていいのか困ってはるかもしれないと思い直した。

夏休みの研修に先生と親子で応募したいのも話したけど忙しすぎて実現しなかったし、このまんまだとたぶん、決め手になることがないなあ。

 

お母さんで課題学習に国語と算数を混ぜたのをセットして作ってやってもらおうと決めて、懇談会ではなしたら、ぜひやりたいと言われて、安心。

 

今月からできる日は5課題をセットして持っていくようにしたら、親の意向ということでせんせいもつかってくれておりまして、安心。

そして1個は必ず先生にお投げして任せております。残り4つを家でせっせ編成する感じです。

 

家でがんばらせるのは苦戦するタイプ。

彼にとって家は休む場所、気兼ねなく自分らしく入れる場所。

デイサービスも同様。親ができない遊びをするところにたまにいってもらう感じです。それにちょっと社会性、擬似友達が入る感じ。

 

学校はちょっと頑張る場所。社会生活とお勉強でござんす。

そうね教育を受ける権利があるのが義務教育ってとこね。

 

家で私が勉強させるようになったらきっと彼は持たないだろうし学校でもっと、離脱表現をふやしてくるかもしれないなとおもって、先生に憎まれ役を押し付けているのでした。母さん。

 

ひきうけてくれてありがとう。 

 

9がつになってからまた行事も多い中課題がちょっと乗らない日も出てくるかもしれないけど、ぼちぼちやってほしいですね。

 

課題以外は、交流のいける授業(体育、音楽(辛いねんな音楽たぶん)、図工 いずれも短時間の場合が多い)と、支援級の音楽体育図工。あとは遊び満載 というかんじで日々やっとるかんじですね。

飼育小屋によくいくみたいです。

帰りに うさぎげんき?ときいたら 人参食べた といわれたので 一緒に行こうかって小屋に行くと確かに人参がおいてあったり・・・

ほう。日によって餌が違ってるので、まあ多分見たんやなってわかる。

 

今うさぎはあついのでながぼそーくなって冷たい地面にお腹をベターっとひっつけてるように見えます。うちの子はいつも

 

おーい おきてー といいます。

 

めっちゃあついっちゅうに。無理。

広告を非表示にする

感覚 ことば 7.05ver.

感覚の過敏さ、あるであろうとおもわれる。

 

同種の感覚のものであっても

  • その感覚をうけいれるとき(気持ちがfineとか、その事象に熱意があるから受け入れる)
  • その感覚をうけいれないとき(気持ちがlowとか、その事象にたいして拒絶反応をしていて、受け入れない。ただし、用事は苦手な感覚を除けたらやってもいいよ、の譲歩もある)

があるので、この感覚が嫌いですー!と、はっきりとはいえないかんじで、それは、わがままとの境目があいまいというか・・・

 

賢い発達障害の人はこの辺りで苦労するんだと思う。

 

だってこれはだめやのに、あれはいいってなまけてるんやろ?とか。

人って優しいけど、悪気なく怖いときもあろう・・・でもそこは気持ちを強く持って欲しいと思います。想像できないことについては最初はそんなところからだろうと思う。どうかへこたれないでね、賢い発達障害の子たちよ・・・

 

しかしこの間、作業療法の先生とそういう類の話をしてた時に、できたりできなかったりすることは、やっぱりそのトピックは大得意というわけでなく、どちらかというとまだ苦手ではあるのと位置付けたらいいってはなされてました。

できたのはとてもすごいこと、すごくがんばってできたこと。と思ったらいいと話されてまして、そういう視点で見守ると、息子のような子は安心するかもしれんなと思いました。

 

 

それ以外には、同じ名前のついたものでも触り心地で、苦手、得意がある場合があります。

息子さんは、ねんどあそび好き。
しかしながら、ねんどでもこのねんどの感触は嫌とかこのねんどの感触は好きとかある。ねんどがすきです!といってても、嫌いやん触らへんで??みたいなことも起こるのですね。

 

支援級の先生はそのへんにだんだんときがついてきてくれました。

これはにがてなねんど

これはとくいなねんど

と、触ったときの様子を見て、先生の方がわたしより質感に詳しくなってきています。

 

グレイトだなあ。

わかってくれてる感。いいね。

 

付き合いが長なってきてわかってきてるから、多分言うこと聞くのが増えてるのもあるんだと思うよ。さいきんようゆうこときくようになったといってるけど。

 

この、本人の感覚の違いに気がついてくれる誰かがいるって言うこと、相当ありがたいこってす。

 

そやってたくさんあそばしてもらっていたせいか(なにかとねんどあそびをすることがおおいのです。ねんどは学校では安心グッズ兼なんかじっとしていて欲しい時にも渡す感覚遊びグッズ)ねんどの世界観ちょっとかわってきました。

 

ねんどやすなでただただ感覚遊びをするがほぼだったけど、最近は作り出すがでてきました。(まだまだずっと感覚遊びはすると思います)

 

雨がずっと降っていたので家で遊んでいたとき、ねんどで今お気に入りのサンサンキッズTVのキャラを作り始めたのにはびっくりしました。

 

さいしょつくったさんさんと、くもりん。簡単な作りだった。

写真がボケてしまってるが記念に。

f:id:snoopyoko:20180713162041p:plainさんさん

f:id:snoopyoko:20180713162055p:plainくもりん

カプセルに入れる。

f:id:snoopyoko:20180713162155p:plain

これでもすごいなっておもってた。我が家的にはすっげ!と。

作ったのが今できる技量でこんなシンプルなもの。と思ってたらたぶん、見たビデオの風景を思い出して忠実に作ってたのが後でわかりました。

f:id:snoopyoko:20180713162124p:plain

これが元ネタだったらしいのね。最近わかった。


それでか、さいきんやたら ぼいーん!ばいーん!うるさい。

 

 

ぼうしぼうし。とこねながらいってるので、なんだべさ?と思ったら、あんぱんくんをつくっていました。

 

f:id:snoopyoko:20180713162558p:plain

そのあとあんこちゃん、こげぱんちゃんとか、つくっておりました。

こげぱぱもつくってたな。

f:id:snoopyoko:20180713163021p:plain

翌日になり、さんさんをつくり

f:id:snoopyoko:20180713162803p:plain

くもりんをつくり・・・

f:id:snoopyoko:20180713162902p:plain

 

おお。くもりんのきばがどじょうひげにみえて、そんなんないやろ、ってはずしたら、ある!と怒る。

そしてしつこくひっつけるので、よーくくもりんをみてわかった!牙がある!

きばつくってたんだー!!!

f:id:snoopyoko:20180713163122p:plain

しつれいしました!! 

すごい成長をかんじた。

まゆげはいいけど、牙はいるのだ! 

 

毎日、雨が続いて2日続いて、その夜の晩、いつも予定を知らせてるホワイトボードに突然、晴れの絵をはった。

f:id:snoopyoko:20180713163422p:plain

そうか、もう晴れて欲しいんだ。

 

あした はれがいいの?ときいたら はれ いい といった。6日の夜7時半。

 

次の日の朝、起きて、窓辺に走って行き、あさー おはよー たいよー!と声をあげていた。この日も1日雨だったけど・・・

 

その次の日の朝、雨は上がっていた。あえて何も言わない息子さん。(晴れだと言わないんだ。ほんと最小限にしか喋らないね。おもしろいね)

8時台なのに すなあそび!すなあそび!と公園に道具を持ってお父さんと出かけてった。

かえってきたら晴れの写真の下におじいちゃんとおばあちゃんの写真を貼っていた。

 

写真を貼っても連れて行ってくれる気配がないので、おじいちゃんおばあちゃん ある!ある!と怒り出す。

食料買い物に行った車の中でも怒り出す。

 

息子に根負けしたお父さんが、おじいちゃんちにつれていってくれた。

ちなみにわたしがいると自分の思うようにことが運ばず、私がおもちゃを買ってもらうのを妨害するという懸念まで想定できてるようで、ままおうち ままおうち ばばい!と言い、おいかえされる。

あはは。アホではないわな。

 

 

ので私だけは在宅。

ビール飲みながら 実家が農家芸人を見る。

 

 

おじいちゃんちにいったのはおもちゃをねだりたかったから。

しかしながら、息子ちゃんのいってることはわかってるんだけど、いかないよ。の姿勢。お父さんの意見を忖度してのその姿勢。おばあちゃんは切なかったようだ。かったげたくなったそうだ。(笑ってしまう。かわんでええよ!とおもうんだが、お義母さんはそういうひとなのね。)

 

えでぃおん ある! えでぃおーん!といいながら窓の外に見えるedionを見つめていたそう。(みんなちょっと笑ったそう)

 

 

 

広告を非表示にする

うま 65

七月の最初に65回目に行った。

 

会った女の子が優しく関わってくれていたけど、本人はいたってマイペース。

でもおもしろいのが、道具に関心を示しているところだね。ちゃんとつかうのもしようとするけど、道具で遊んで無茶苦茶するのもする。

彼女は道具の正しい使い方を教えようと奮闘してくれていた。

 

 

お父さんは平日行こうとしてたけど、平日は大人気だからいくのをやめることにしていた。

お父さんにはなんか思いがあるようだった。

それもなんかよくわかる気がした。

うちの子のマイペース加減のせいで、他の子の時間を奪ってはいる。

うちの子がいなければゆうことを聞くような子達でもうちの子の無茶苦茶遊びが面白くって乗ってくる子がいるのだ。

迷惑かけるからと言ってた。わかる。。。

 

私は子どもたちのいる場所に行くことは必要だと思ってる。

迷惑と思って悩んだ時期もあるけど・・・今は、だから早くこの時間を終わらせるためにも、みんなを頼って、いいかんじってどんなかんじが現実から息子が学ぶ場を頭を下げて作らせてもらえる場合は。。。頼ろうと思ってきた。

馬の場所は、親御さん間で大変理解があるほうだ。中にはとんでもない子だなって思ってる人もいるだろうし・・・全員ではないような空気はかんじてはいるが、セラピストさんがいい感じに立ち回ってくれているから、居場所だ。実に。

 

あまりにゴン太なので、前回息子を使ってない馬房に閉じ込め外から鍵をかけた子がいたんだけど、その子は今回まあまあ塩対応だったのがすごいわたしはよかった。

 

日常で会う子はみんな、優しくしてくれることが多いけどそれはそれで壁を感じる。

 

悪いことをしても、彼はしょうがないからなあ。って。思ってもらえるような世界。

これでありがたい時もある。けどこれもまたなんか彼のためになるのかなと思う時がある。

 

 

冷たくしてくれた子は本気で、腹が立ったり、あかんとおもってるからつめたくするのだとおもう。

彼女は名前も覚えてくれて可愛がってくれて遊んでくれてきたものこれまで。

 

そんな中考える機会は大事だ。

 

小さい頃は、人とおもちゃを取り合うとかもあった。お互いに親は見守って我慢みたいな世界。その頃ですら、同世代と全く違っている息子の成長だったけど、今や分かりやすく同世代と違いがくっきりしている。みんなは難しい算数や漢字を書いたりしてるのに、うちのこはそれはしない。

 

あの子はかわいそうな子なんだよ。っていう親もいるかもしれないし

あの子の相手はするな、あの子はきちがいなんだよ。っていう親もいるかもしれない

 

ギャップがあるから、学ぶ機会がまたみんなと違うスタイルになってくる。

 

今日会ったばかりで優しくしてくれていた女の子も、次に冷たくしてる女の子が来たあと、息子への応対が変わってきた。

 

そりゃそうだ。

やっぱりこんな機会が大事な気がしている。

 

 

すぐにはきがつかないだろう。自分がちょっと変われば周りは変わるということ。

へそまがるかもしれないけど、機会は見守りたい。

 

馬の場所で、本人は言うことも折れてくれるのは出てきた。けどまだマイペースで世の中勉強の機会があるような気がする。

ただ、この折れてくれるってことでの本人の発達段階に、セラピストさんがとても敏感に感じてくれていて、親としては教えられる。

あ、ただゆうことを聞いたって感じに受け止めてないんだ。

子供に接している人でも、周りの子は聞くのが当たり前だから、本人にどこまで苦手なものがあるかまで気持ちのアンテナを張って、このうけいれ!と評価する人ってあまりいないきがする。

ありがたやー

 

 

ところで・・・学校。学校なんだけど、先々週ぐらいに先生たちから、なんかこの10日ぐらいですごい変わってゆうことをすごい聞いてくれるようになって言葉でやりとりもできて・・・

覚醒した???と言ってる。とのこと。

 

支援級の担任の先生が出張が1週間に一回ぐらいあります。そのときにみてくれる先生が、

「1週間ごとに大体一緒に過ごすんだけど、なんかこの3週間は1週間ごとに変化を感じると言うか手応えがあると言うか・・・」

先生との関係が深まっているせいもあるかもしれないですよ。とも話しましたが、先生も驚いている感覚があるらしい。 

 

そういえば、先週運動のデイサービスの人からも、会話できますよね。すごく自然にお願いをしてくれたり・・・遊園地に一緒に行った時もじいっと順番を待てたり・・・

(普通の子だと当たり前のことなのですが、我が家的には成長ポイントです)

 

毎日会う、支援級の先生は、あれ?どうした?あれ?あれ?なんか怖いな。っておもうんですよねーと、

気のせいかな???と思ってた頃から通算してもう3週間ぐらいだんだんとね、だから違うな、気のせいじゃなくて、息子ちゃんがそうしてるんだ。自分で。

とおっしゃってて、

ある意味息子の頑張りに気がついていると言うか・・・

ありがたいかもねー!!!気がついてる人は、無理はさせない気がする・・・

 

 

馬のところで悪いことをたくさんしまくっている息子さんだけど・・・

 

セラピストさんがそれは変わるんですよ。いま、息子ちゃんは結構言葉でのやりとりができるようになってきています。ゆうことに従うと言うことではなく言葉でのやりとりが、鮮明になっているというか・・・このあと、ゆうこと(指示)を従順に聞くようになります。その時は周りの大人は要注意なんですよ!!!

 

とおっしゃってたとき、はぁ?んなことあるかな。と聞いていたら、学校やデイサービスではでてきたようですね。

 

一応うまのところのセラピストさんに報告したら、ちょっと解説してくれました。

 

妄想と現実の区別がつかない状態から感覚の統合を通して、イメージの中の身体感覚が統合されて、妄想と現実の区別が出てくる。

それと同時に言葉(身体感覚と状況がラベル化された音素の集合)の交換をするようになる。

言葉の交換が可能になってくると、交換したイメージを再構築して遊びを拡張させて行く。(赤ちゃんってそうしてるんだろうなあ・・・)

他者の視線を(多分アクションも含んでるとおもう)反応として受け取ることが楽しくてこの辺りでワルオになる。(近所の犬さんもそうなんだそうな。その飼い主さんは、お子さんはおられないのだが、私より息子の気持ちに気がつくことが多い。うちの子が近所の犬さんがいやがることをしたとき、飼い主さんは、反応があると楽しいのよね。今そういう時期なのよ。と達観して私には接してくれている。「おこられてるわよ」とうちの子には声かけしてくれてる。苦笑)

しかしそれでは会話や、遊び(の交換かな???)が途切れてしまって学習する機会を失う。(そうそうそうそう!!!それやねん)

学習してさらにイメージを広げるには、関わる人との相互の学習がまず前提になる。
人の話をよく聞いて繋がって行くことになる。(すごい納得のフレーズだ。だから、発達障害のある子は苦戦するんだと思う)

繋がって行くときに優しさだけでなく、ハラスメントも受けてしまうから注意が必要。(ああせつないな)

 

とのことでした。

 

なんだかなるほどです。

今はワルオ期なのだとおもいます。

学校は結構形式的なところがありある意味パターン化、構造化な環境なのかもしれない。ので、ワルオ率がへってきているのかもしんない。
先生はおもいきりあそばしてくれているからなー。ストレスもあるけどストレスフリーもあるから安心の場ではあるよに見える。

この分析意味なかもしれん。(でも親の離れた場所での成長の機会があってよかった。いえにずっといるとなると、いろんな工夫を親が頑張らないといけなくなってしまう。外に行ってくれるから頼れる人や場所がいっぱいあるので、親が気楽です。)

 

理由はわかんないけど、日々成長。おぎゃっと生まれた時から変わっております。

 

 

ちなみに65回目、自由に過ごした中、声かけしてそれに応じる形で乗ってはもらったけど、しばしのらなくなったあと前回、今回、乗ったとはいえ、ヘルメットはしないとのことだった。

ヘルメットの感覚は受け入れる余裕はないのかな・・・

 

広告を非表示にする

なかま

交流去年一緒の子達。トイレで出会っていた。

 

その日は先生が出張で誰も手が足りず私が学校に入っていた。

男子トイレに入っていった。おお、わかるねんや自分が男子トイレって。学校ってすごい!
私は入れないので外にいると、窓からうちの子は個室に入っていったのが見えた。

ちゃんとながしたのか出てきたので外から聞く。

答えない息子。

 

すると、衝立から顔を出した去年のクラス仲間の男子が ながしてたで! と私におっきな声で答える。

そしてトイレがすんでおたがいに、息子ちゃん!いぇーいい!とかいいながらハイファイブしてくれる。みんな。

笑う

おしっこしたての手でみんなで。あかんけど笑う。

 

うちの子が言葉の挨拶だけだと気がつかないからだ。やりとりしたよ!って感覚が残らないからだ。

すごい。

 

 

なかよしのなかまたち。

ある日学校に遅刻。朝病院に行った。

電車で学校行きたくないというモード。おうちかえるおうちかえるばかりいう。

が、ついて外の窓から仲良しの教室を覗く。なんか急に教室に向かい建物の中に走り出した。

到着したらいろんな子が きた! とか 顔にタッチだけ とか、名前呼んだりとかする。しばしみんなでおいかけっこ。そのあとまたそれぞれの遊びに戻った。

 

一緒の空間にいて特別なやりとりはないけど、なんかそんな仲間のあり方みたいでおもしろかった。

かえるねーおかあさん!というと

ママばばい!と手を振ってくれた時の顔。

 

ああ、嫌だとか行ってたけどみんなで自由でいるのは好きなんだ。

安心した。

 

 

 

なんか毎日がっこうにいけてよかったとすごく嬉しくなる出来事だった。

 

自分だけで育てていけるわけもないし、とてもうれしい、みなさんに感謝です。

広告を非表示にする

うま63,64

うま63,64

63はちょっと命について教えるに困ったことがあった。

64は久々に乗ったね。でも言われるから乗ったって感じだったね。少し動物に世話ができた。

 

命について教えるのは時間がかかりそうだな。。。

 

なぜかお父さんが、平日の夕方連れて行きたいといっている。

なんとなく平日はせわしくなそうだからとのこと。どういう意味かはっきりわからないけど、あまり会話してほじくり出すより、心のまんまにしてほしいので予約を来月とった。

 

 

じぶんのためにちょっとかきのこしておく。気持ち的にかきまとめれない63回目。64回目でした。

広告を非表示にする

ん・・・やっぱり変わって来ている

リハビリの帰り、海が見えるといきたい。

正しくは行くときに海が見えたらもう行きたかった。でもお断りして、かえりにしてもらう。

 

リハビリで、デイサービス一緒の女の子にあった。彼女が帰ろうとしているタイミングで、自分は先生と訓練が始まる。

先生がリハビリの個室に入る時間と促しているときに彼女が帰ろうとしてるのが見えた。

 

すると、靴箱の前に走って行き、手を小さくあげる。彼女もあげる。目と目があう。

二人とも重度の子達。言葉とかはない。なんか繋がり。ある。

偉大な偉大な時間だった。

 

あとで、診察で先生にそれを話すと、いいね。いい一瞬に立ち会えたねと言われた。

 

リハビリはまた処方を出してもらった。

 

睡眠外来でおせわになっている。睡眠表はつけていないけど、やっぱり音や光で起きてしまうので、寝たらかならず暗くして静かにしている。

やっぱり薄い眠りの人だからよく眠れる環境を整えようとがんばったほうがいいだろう。

 

帰りに海によるのは覚えていた。

ご飯はリクエストのマクドナルド(おえー。私は帰ってから作って食べたわ。)

 

海で一緒に走る。一緒に走らないといけない。砂で走るのしんどい。私より速い。

体重が軽いし、筋肉が今から育つ人だしいきがいいな元気。

ただ腹筋の力が全然ないねえ。

 

海で太陽を作ったり(すなで)石を海に投げたり。

風が強かったのでさらさら砂の集まって来ているところを見つけ、そこで埋もれたり。砂利が集まってるところで石をひろう。

 

たくさんいろんな活動。

 

走ったり、回ったり。

 

そのあと公園に行く。公園では同時にあそぶようおねがしいてくる。

2個ある遊具は一緒にする

1個しかないのは交代ばんこでする

幅の広い滑り台は同時に滑る。

2手に分かれてる滑り台はそれぞれにいっしょに別方向に同時に滑る

とかそんなの。

 

一緒じゃないと遊びが成立しないよなアイデアを自分で見つけて提案してくる。

 

えええ成長やあ。びっくりした。

ゆっくりやけどな。すごいな。

 

7時過ぎまで気ままに遊んで・・・ よるだ!といって帰った。

 

 

小さな子のようだ。全く一緒のような頭脳ではないけど、ちょっとそんな風味。

7歳だけど・・・ふふふ。

広告を非表示にする

きけるしあわせ

やっぱりカニエさんのメロディにしびれてしまうのだった。

いまずっときいてしまうのは、今更のmy beautiful dark twisted fantasy。

 

 

 

カニエさんは最初ともだちがカレッジドロップアウトを教えてくれた時にメロディにやられてしまった。引き続き、Late registrationも好きでよく聴いていた。

音色ですな。音色ベイベー!

今もこの2枚を聴いたらキラキラした音に、おおおおおー!ってなってしまう。

 

 

その後聴いていなくてのちに友達からイーザスをきかせてもらってびっくりした。

なんだこれー!!!!!

となった。

 

The life of Pabloは最近Apple Musicに入ってやっとしっかりききました。音色いい。

 

 

そういえば、これきいていなかった。と my beautiful dark twisted fantasyを聞いて、ああ、なんか憂のある音色が病みついてしまった。

 

キングクリムゾン、なつかしい。。。このアルバムを聴きながら、宿題を仕上げるとはかどるという不思議な青春時代のテーマ曲。

 

で、結局買ってしまった。
へへ。

 

仕事!


 

 

そして、808s & heartbreakもしらんかったのできいてみて、ぶったまげてしまった。。。

やおや。。。で歌ってる。

 

しえぇー!!!ラップない。ラップない。びっくりしたよ。

 

 

 

カニエさんは人生がとっても詰まった音楽だね。だから内省的さが見えたりするね。

そして音色は内省さというプライベートなところだけにないかんじがして・・・

 

関係ないけど靴も服も研ぎすんでるかんじもする。スタイルがあり・・・
カニエさんよ。

 

 

さて、そんなこんなでアップルミュージックをたのしみつつ、やっぱり同じのばっかり聞くから普通に音楽買ってもええのかとか揺れる。

でもアップルミュージック。the cartersを聞く。ゴージャスやなこの夫婦は。

 

ねっちりむっちり。。。

 

山崎を飲んでると言ってるというのでどの曲だべさと調べ聴いたら。

たしかにLOVEHAPPYで shippin Yamazaki on the rocks といっていた。

ビヨンセ山崎飲んでるの!!!そうなのか・・・何年物をさがしてのんでおられるのでしょうかしら。きっとうん年ものの高いもの。
私はトリス(ああ庶民)やら、ちょっと安い時のバランタインとかです。

 

 

こんなふに、ねっちりした音を聴きまくっていたら友達から、落日飛車がシャムキャッツをカバーしてていいよと、音楽教えてもらった。

 

あ、こういうのもいいね!季節は夏だね。

広告を非表示にする